ここから本文です

肩こりが仕事に悪影響を及ぼす!「スマホ巻き肩」の恐怖

R25 7/28(木) 7:00配信

肩こりが仕事に悪影響を及ぼす!「スマホ巻き肩」の恐怖

写真:R25 肩こりが仕事に悪影響を及ぼす!「スマホ巻き肩」の恐怖 より

今や生活必需品のひとつとなっているスマートフォン(以下、スマホ)。その一方で、スマホ操作中に頭が下がり、両肩と背中が前方にひどく丸くなっている人が増えている。この姿勢は「スマホ巻き肩」と呼ばれ、慢性的な肩こりや息苦しさなど、さまざまな不調を引き起こす原因になるという。スマホ巻き肩の原因や改善法について、肩こり研究所の丸山太地さんに話を聞いた。

■■今回のアドバイザー
肩こり研究所
丸山太地さん

日本大学文理学部体育学科にてスポーツ医学を学び、在学中よりトレーナーとして活動。卒業後、東京医療専門学校にて国家資格を取得し、東京銀座の治療院で経験を積んだ後、2012年に肩こり研究所を開設。

■スマホの操作によって背中が丸まった姿勢「スマホ巻き肩」が急増中!

丸山さん「この数年で普及したスマホによってとても便利になりましたが、スマホやタブレットを操作する際、手元の小さな画面を注視することでヒドい猫背になっている人が増えています。そして、スマホを操作していないときにもこの姿勢が定着した状態を『スマホ巻き肩』と呼ぶのです。

新聞や本を読んでいるときには、ページをめくったり首を動かしたりなどの動作があり、肩まわりの筋肉を使うことができたのですが、スマホの場合はひとつの画面ですべてが完結してしまうことも、原因のひとつです。この姿勢が慢性化すると、首や肩のこりはもちろん、前傾姿勢がもととなり背中や肋骨の動きが悪くなり首の前や胸に“息苦しさ”を感じます。重篤なケースでは呼吸に支障が出たり、めまいを起こしたりすることも。公私共にエネルギーが必要な40代男性がスマホ巻き肩になると、肩こりによる集中力の低下やイライラなどの症状があらわれ、仕事に支障をきたすこともありえます」

■1日に1分間ストレッチを3セットなど、こまめに行うのが「スマホ巻き肩」改善への近道!

丸山さん「スマホ巻き肩を改善するためには、体の背面だけでなく、前面や側面など、自覚症状として感じていない部分の筋肉をゆるめる必要があります。まずは、ストレッチをして硬くなった筋肉をゆるめ、体の可動性を高めてください。ここでは、イスに座ったままできるスマホ巻き肩改善ストレッチをご紹介します。

肩すぼめ:両肩をすぼめるように上に上げ、パッと力を抜いて下げます。両肩を上げるときにグーッとできる限り力を入れるのがポイントです。続いて、両方の肩甲骨の内側に力を入れながら背中の中央に肩甲骨をよせ、一気に力を抜きます。これを3セット繰り返してください。

背伸び→肩よせ:天井に向かって両手を高く上げ、力を入れて3秒間キープします。この時、できる限り手を頭上に伸ばすことを意識してください。3秒後、両手を下げて肘を曲げたまま、両肘を背中の中央に引きます。その際、胸を広げることを意識して3秒間この姿勢をキープ。これを5セットおこないます。背伸び→肩よせをおこなうと、肩甲骨の動きがスムーズになります。『肩すぼめ』、『背伸び→肩よせ』以外にも、合計で8種類のストレッチがありますので、ぜひ動画もチェックしてください。

1日1回お風呂あがりに10分間ストレッチをするよりも、1分間のストレッチを1日に3回など、仕事中のちょっとしたすき間の時間に頻繁におこなう方が効果的です。症状を感じていない時にも、できる限りこまめにおこなうことを心がけましょう」

■視線を上げて肩関節を無理なく動かし、1日に何度も行うことが「スマホ巻き肩」改善への近道

丸山さん「ストレッチをする際のポイントは3つ。(1)痛みが出ない範囲で肩を動かす。とくに四十肩・五十肩や脱臼のおそれがある肩関節は自己流ではなく専門家の指導のもと動かすようにしましょう。(2)常に顔を上げて遠くを見る。視線を下げ、顎を引くと肩や首の筋肉が緊張し、効果を弱めます。(3)肩や首に違和感を覚えたときだけストレッチをするのではなく、日ごろからこまめに行ってください。

体に身につける磁気治療器は、血行を促進してスマホ巻き肩改善ストレッチの効果をサポートする可能性があります。日ごろ使用している方は着用したままストレッチをおこなっていただいてOKです」

■最後にアドバイザーからひと言

「『肩がこったからマッサージに行く』『首が痛いからストレッチをする』のではなく、症状を自覚していない時もこまめにストレッチを行い、スマホ巻き肩を改善しましょう」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/28(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。