ここから本文です

“松井秀喜5打席連続敬遠”の真実を相手監督が初告白

Smartザテレビジョン 7/28(木) 6:01配信

7月30日(土)夜9時からテレビ朝日系で放送される「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」で、“松井秀喜5打席連続敬遠”の真実が明かされる。

放送第11弾となる今回のテーマは“高校野球”。松井の他、松坂大輔投手、田中将大投手などが繰り広げた伝説の名勝負の数々を取り上げ、選手や監督のコメントを交えてプレーバックする。

'92年、当時高校3年生の松井は超高校級スラッガーとして注目を集めていた。しかし、迎えた夏の甲子園大会2回戦、星稜高校(石川)vs明徳義塾高校(高知)で松井は5打席連続敬遠を受け、不完全燃焼のまま甲子園の舞台から去ることに。

今回番組では、明徳義塾の馬淵史郎監督が敬遠を指示した理由を初めて語る。「なぜやったか、と聞かれれば、勝ちたかったから。松井君には恨みなどない。ただウチが勝ちたかったからです」と心境を吐露。また、その後の松井に対して抱いていた「ある思い」を明かす。

また、松井へのインタビューも実施。試合中、松井が口にしていた言葉を読み解く読唇術とともに、当時の状況を振り返っていく。

最終更新:7/28(木) 6:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。