ここから本文です

【アイドルお宝くじ】LinQ、夏は“びしょびしょ”?

Smartザテレビジョン 7/28(木) 7:00配信

7月30日(土)、東京・六本木ヒルズアリーナにて「アイドルお宝くじパーティーライヴ 真夏の神曲 紅白歌合戦」が開催される。LinQの天野なつ、吉川千愛、新木さくら、坂井朝香、山木彩乃の5人が夏の思い出や、ライブへの意気込みなどを語った。

【写真を見る】新木さくらの夢は「地元で毎年ある花火大会で、LinQとしてライブをしたい!」

「【アイドルお宝くじ】LinQ、嵐&ミヒマルをカバー」より続く

――会場は六本木ど真ん中のステージです。

山木:でかくて、音もいいし、一般の人も入ってくるから、めちゃくちゃ楽しみです!

坂井:去年、「サマステ」にはワンマンで出演させていただいているので、同じステージに立った経験を生かして、もっと会場をいっぱい使いたいなと思います。すごくすてきな場所でライブができるので、アイドルが好きな方だけじゃなく、一般の方にも「LinQっていいな」って思ってもらえるようなライブにしたいですね。

せっかくLinQを全く知らない方にも見ていただける機会なので、引きつけるようなライブができたらなって思います。

天野:去年のイメージだと、一般の方も見られるすごく大きいステージなので、アイドルファンの方はもちろん、ちょっと通りかかった人、気になった人たちも引き込めるようなライブにしたいです。

六本木ヒルズの隣でライブをするって、あまりないですからね。私たちは田舎者だから、六本木ヒルズっていう名前だけで「あっ、すごい」ってなるんです。「東京に来たら1回は行っておこう!」みたいな場所なので、そういう所でライブをするって、すごくテンションが上がりますね。

新木:アイドルの曲だったら一般の方は通り過ぎちゃうかもしれないけど、アイドル好きじゃない方が知ってる曲もたくさんあるので、そういう方を引きつけられるように、そして見た時に「うーん…なんだかな」って思われないようにしたいです。LinQっていう顔と名前を知っていただけるように、いいところを見せたいと思います。

――では、皆さんの夏の思い出を聞かせていただけますか?

山木:福岡に「ももち浜」っていうビーチがあって、そこにある海の家のテラスでシングル「ナツコイ」のリリースイベントライブをやったんですよ。海が見える状態でのライブだったんですけど、それがすごく楽しくて。外だから水鉄砲やバケツで水を掛けたりして、めっちゃ夏感があって、それが1番楽しい夏の外のイベントだったなと思い出に残っています。

坂井:毎年「LinQ夏祭り」というイベントをやっていて、去年もおととしもめっちゃ雨が降ったんです。1番ひどかったのが最初の夏祭りで、雷が鳴っていて中止になっちゃうくらいの中で全身びしょびしょになりながらライブをやって、花火をやって、出店もやりました! すごく印象深いですね。

山木:ことしは初めて「秋祭り」をやります。

坂井:9月にやるので、雨が降らなければいいなって思います。ライブの時には降らないけど、なぜか夏祭りだけは絶対降るんですよ。だから、ちょっと降ってほしい感もあるよね?(笑) 毎年恒例みたいな。

天野:濡れたらもういいやっていうテンションで! 1年目は出店の看板とかも自分たちで作ったり、私は射的屋さんだったので射的の缶に得点を張ったり、結構準備に時間が掛かったから中止はいやだと思って、みんな必死でやりましたね。

新木:私の地元で毎年花火大会があるんですけど、いつかLinQとしてライブをしたいなと思っています。自分の地元でできたらいいなって!

――最後に、イベントに向けての意気込みをお願いします。

天野:アーティストさんのカバーはなかなかやらないので非常に貴重な経験で、出るメンバーもみんな楽しみにしています。その曲が持つクオリティーを求めて、「LinQはカバーでもすごかったな」って引きつけられるように、クオリティーを上げて挑みたいと思います。

坂井:LinQってみんな負けず嫌いなんです。LinQでもライブを2つのチームに分かれてやるんですけど、真剣にやり過ぎて、ちょっとけんかになっちゃうくらいみんな熱いし、勝負事にすごく強いし、負けず嫌いだから、優勝賞品が出るって聞いたらすごく張り切ると思いますね!(笑)

天野:他のアイドルさんとの企画でフットサル対決とかあったときも、見るからに相手の方が運動神経良さそうだったんですけど、絶対に勝ちたいからって真剣に作戦会議をしましたね。

一同:九州は勝負事に強いんで!

吉川:リーダーが大食いっていうか、食べ物が大好きなんですよ。フットサルの時も賞品がお菓子だったので、すごく食いついて(笑)。賞品が食べ物だったら、絶対に負けないですよ!

最終更新:7/28(木) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円