ここから本文です

マリリン・モンロー、闇から浮上したSEXシンボル

MEN’S+ 7/28(木) 20:40配信

23 『荒馬と女』の主演キャストとともにオフショット

【1960年のマリリン】 
1960年7月より、マリリン・モンローにとって憧れの存在でったクラーク・ゲーブルすることとなった映画『The Misfits(荒馬と女)』の撮影が始まります。この映画は1961年2月に全米公開されました。写真はプロモーション用のため、共演者であるモンゴメリー・クリフトも加えての撮影になりました。そして、11月4日にこの映画は完成したのですが、11月5日にはクラーク・ゲーブル心臓発作で倒れることに。その後、11月16日にクラーク・ゲーブルは二度目の心臓発作で帰らぬ人に。クラーク・ゲーブルにとってこの映画が、マリリン・モンロー同様に最後の作品となったのでした。
この寸前までマリリン・モンローは、この映画の前の作品『Let's Make Love(恋をしましょう)』で共演していたイブ・モンタンと不倫関係にありました。しかし、撮影終了と同時にその関係にもカット(終止符)が打たれたようです。
 
そしてマリリン・モンローは、11月11日にアーサー・ミラーとの離婚を発表。翌1961年1月24日に正式離婚したのでした。そんな起伏の激しい日々が続いたからでしょう。1961年2月5日には、精神病院に入院することに。すると、同年2月10日には、ジョー・ディマジオはマリリンを助け出すように、精神病院から転院させます。そして3月5日には退院し、しばらくジョー・ディマジオの元で暮らすことに。しかし4月にはロサンゼルスに戻ったマリリン・モンローでした。その後も体調は悪化し、慢性子宮内膜症治療の手術を受けたり、胆嚢炎の手術も受けたりしたのでした。

【モンローの魅力が体感できる25枚の画像一覧】

メンズ・プラス編集部

最終更新:7/28(木) 20:40

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!