ここから本文です

【MLB】イチローが打ち立てる金字塔の真の価値。マ軍指揮官「最高のお手本。野球における全てを参考にするべき」

ベースボールチャンネル 7/28(木) 11:00配信

若いチームにおいて重要な存在

 26日の試合で自身2997本目となる安打を放ち、3000本安打の金字塔まであと3本としたイチロー。MLB公式サイト『MLB.com』は、「イチローの忍耐力は3000本安打を追ううえで大きく役立っている」と題して、大記録に挑む日本人外野手を特集している。

 イチローの3000本への挑戦は近年の選手とは少し異なった形となっている。

 2007年以降、3000本安打を達成したのは3選手。07年のクレイグ・ビジオ(当時アストロズ)、11年のデレク・ジーター、15年のアレックス・ロドリゲス(共に当時ヤンキース)がいるが、彼らはいずれも当時はレギュラーとしてプレーしていた。控え選手として、特に自身は好調を保ちながらも、チームメイトの活躍にはばまれ、少ない出番で大記録を目指すというのは、今までにないケースだ。

 またこれらの選手が20代前半(A-Rodは18歳)でデビューしているのに対し、イチローは日本でプレーしてからのマリナーズ入団のためメジャーデビューは27歳。非常に特殊な条件下で金字塔を目指すイチローをマーリンズのドン・マッティングリー監督は手放しで称賛している。

“Plus he threw up something like 1,200 [1,278 in Japan] before he even got here,“ Mattingly said. “This is not a regular player. Ich is an incredible guy. I feel very fortunate to have him this year on this on this club. He's a great example for our players. You have to respect every way he goes about his business. He's been a real joy.“
「(3000本に近付いていることに加え)彼はここに来る前に日本で1200本近い安打を放っている」とマッティングリーは語る。「これは並大抵の選手にできることではない。イチローの成し遂げてきたことは信じられないよ。彼が今シーズンをこのチームで過ごしてくれていることは非常に幸運だ。うちのチームの選手にとって素晴らしいお手本だからね。野球においては彼のやる全てのことを参考にするべきだ」

1/2ページ

最終更新:7/28(木) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。