ここから本文です

60代以上が選んだ「海を連想する曲」ランキング1位は意外なアノ名曲

サライ.jp 7/28(木) 19:46配信

いよいよ夏本番、今年も海が恋しい季節になってきました。とくに、からっと晴れた夏らしい日には、海に出かけてみたくなりますよね。

ところで、海といえばどんな曲を思い浮かべますか? 日本には海をイメージする名曲がたくさんあります。そんな海を連想する曲の人気ランキングが発表されました。

調査を行ったのは、海洋性レクリエーションを通し全国の子供たちの心と体の育成を行うB&G財団。「海から連想する音楽」について、3,000人にアンケートを実施しました。

海から連想する音楽といえば、歌謡曲にとどまらずクラシックなどを含め様々な音楽がありますが、一体どんな曲が人気だったのでしょうか? ここではとくに「60代以上」にしぼったランキング結果をご紹介しましょう。

■第5位は幅広い世代から愛されるあの曲

第5位はサザンオールスターズの『TSUNAMI』。2000年にリリースされたこの曲は、すべての年代で5位以内に入った人気曲です。この曲だけでなく、サザンと桑田さんの曲は10位以内に5曲も入っており、夏や海をイメージするアーティストとして認知されていることが分かりますね。

■第4位は50年も愛される名曲

第4位はザ・ワイルドワンズの『想い出の渚』。ザ・ワイルドワンズのデビュー曲で、なんと100万枚も売れた人気曲です。1966年にリリースされ、すでに50年の年月が経っていますが、海にぴったりのさわやかなメロディー。口ずさみながらギターを鳴らした方も少なくないはずです。そんな懐かしさもあって、今でも愛されているのかもしれませんね。

■第3位は文部省唱歌のひとつ

第3位は、文部省唱歌のひとつ『われは海の子』。全ての世代のなかで、60代以上で唯一TOP3にランクインしているのが特徴です。「わ~れは、う~みのこ、し~らなみ~の~♪」と、60代でなくとも誰もが耳にしたことがあるこの歌ですが、明治時代に発表された歌であり、歌詞の内容からも、特に60代の方には強い印象を残しているのかもしれませんね。

■第2位は総合ランキングで1位だった定番曲

第2位は、こちらも文部省唱歌のひとつ、『うみ』。「う~み~はひろい~な、おおきいな~」のあの曲。定番中の定番ということもあるためか、総合ランキングで1位となりました。「子供の頃を思い出し、とても懐かしい」「ゆったりとした大きな海のイメージそのまま」など、年代に関わらず多くの方の記憶に残っている曲なんですね。

■第1位は60代の方なら絶対外せないあの名曲!

60代男性の総合ランキングでの1位は、加山雄三の『海・その愛』でした。加山雄三が主演した映画、若大将シリーズを見ていた年代としては外せない歌となっているのではないでしょうか。「雄大な海を想像させる」「海の男のイメージが強いから」などの理由にもあるように、男性ランキングでも1位を獲得。60代の男性ランキングでは2位以下を引き離した得票数で1位となっています。

以上、60代以上が連想する「海の曲」のランキングをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ちなみに、60代以上でも男性だけと女性だけのランキングの違いを見ると、女性ランキングでは男性よりもサザンオールスターズの『TSUNAMI』が上位に入っていたり、2015年にCMで話題となった桐谷健太・BEGINの『海の声』など、比較的新しい曲がランクインしていました。男性の方が昔の想い出を振り返る一方で、女性は新しくて話題になっている音楽もよく聞いている、ということなのでしょうか。

今年の夏も暑くなると予想されています。快適な夏を過ごすためにも、海を見ながら想い出の曲を聴く時間を作ってみてはいかがでしょうか?

【参考リンク】
※ 3,000人が選ぶ“海から連想する音楽“ 第1位は文部省唱歌「うみ」
https://www.bgf.or.jp/activity/report/2016/etc/160708_uminohi.html

取材・文/立田有紀

最終更新:7/28(木) 19:46

サライ.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。