ここから本文です

報道陣のパーティー三昧指摘にネイマールが怒りの反論 「なんでエンジョイしちゃだめなんだ!」

Football ZONE web 7/28(木) 9:21配信

リオ五輪で金メダル獲得できなければ炎上必至

 8月のリオデジャネイロ五輪ブラジル代表メンバーに選出されたバルセロナFWネイマールだが、華やかなパーティーライフを改める気持ちは微塵もないようだ。「なんで僕がパーティーに出かけちゃいけないんだ?」と記者団に反論したと米放送局「ESPN」が伝えている。

【写真特集】歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 所属するバルセロナではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの「MSNトリオ」で得点を量産するネイマールは、ピッチの外を離れても華やかな生活をしている。人気アクション映画「トリプルX」シリーズの予告編に登場したのをはじめ、今年3月には出場停止になった際に妹の誕生日パーティーに駆けつけてパーティーを開催したこともあった。

 ブラジル代表がアメリカで行われたコパ・アメリカ・センテナリオで敗退する間、五輪専念で回避となったキャプテンは歌手のジャスティン・ビーバー、俳優のジェイミー・フォックスなどとパーティー三昧だった。そんなセレブな生活ぶりに眉をひそめる向きもあるが、ネイマールは全く問題ないと思っているようだ。

「ピッチで起こっていることを見てくれればいい」

 「ピッチで起こっていることを見てくれればいい。プライベートはすべて別のことだ。ピッチから離れたら、それは僕のプライベートの生活だ。皆さんはピッチ内での僕を見てジャッジすべきだ」と話し、華やかな生活こそモチベーションになっていると毅然と主張した。

「僕は外出して友達と楽しむことが大好きなんだ。僕には家族と友達がいる。なんでパーティーをエンジョイしちゃダメなんだ? 僕は今後も続けていくよ。もし次の日がその予定日なら、問題なく行くよ」

 ブラジルのナンバー10はこう言い放った。6月のコパ・アメリカ・センテナリオでは29年ぶりのグループリーグ敗退に終わったセレソンとドゥンガ前監督に批判を剥けた人々に対して「地獄に行くだろう」とインスタグラムに投稿して大炎上したばかり。

 それだけに母国で開催される五輪での金メダル獲得は至上命題となっているが、活躍できなかった場合、パーティーライフは炎上の火種となりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/28(木) 9:26

Football ZONE web