ここから本文です

久保裕也、同僚FW負傷で五輪出場断念か。所属クラブ・ヤングボーイズが招集を拒否

フットボールチャンネル 7/28(木) 7:20配信

 U-23日本代表FW久保裕也がリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに出場できない可能性がでてきた。27日にヤングボーイズが久保の招集を拒否すると発表している。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

 スイスリーグのヤングボーイズに所属するFWアレクサンデル・ゲルントがチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦シャフタール戦に出場し左足を負傷した。この影響でクラブは久保のオリンピック出場を拒否。クラブ公式サイトにて「日本代表をオリンピック本大会出場に導いた久保が欠場することを残念に思っている」と発表した。

 オリンピックは国際サッカー連盟(FIFA)の公式戦と認定されていないため、選手の所属するクラブは代表招集を拒否する権利を持っている。アルゼンチン代表はユベントスのパウロ・ディバラ、インテルのマウロ・イカルディがそれぞれクラブが招集を拒否したことで欠場が決まっている。

 オリンピック予選を兼ねたAFC U-23選手権準決勝イラク戦では先制点を挙げるなど本大会出場に大きく貢献した久保。手倉森ジャパンにとっては大きな痛手となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 7:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。