ここから本文です

東映アニメーション、YouTubeで『白蛇伝』『劇場版ドラゴンボールZ』ほか5作品限定配信

KAI-YOU.net 7/28(木) 17:02配信

アニメ制作会社・東映アニメーションの公式YouTubeチャンネルにて、日本初のカラー長編映画『白蛇伝』が、同社の創立60周年記念日にあたる7月31日(日)より期間限定で配信される。

【写真をすべて見る】名作『劇場版ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』も

『白蛇伝』は、東映アニメーション(当時は東映動画)が1958年に制作した、日本人史上初のフルカラー長編アニメ。日本アニメのクオリティの高さを世界中に知らしめた傑作として知られている。

また、東映アニメーションのシンボルキャラクターである「ペロ」が主人公の長編映画『長靴をはいた猫』『ながぐつ三銃士』『長靴をはいた猫80日間世界一周』も31日より配信開始。

8月1日(月)からは、アニメ放送30周年を迎えた「ドラゴンボール」シリーズより、7月からスタートした「DB 夏の東映まんがまつり」第2弾作品として『劇場版ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』が期間限定配信される。

(C)東映・バードスタジオ・集英社・東映アニメーション

最終更新:7/28(木) 17:02

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。