ここから本文です

三森すずこ『アングリーバード』日本語吹替版声優に 「ぜひ楽しみに待っていてください♪」

リアルサウンド 7/28(木) 8:00配信

 10月1日に公開されるアニメーション映画『アングリーバード』の日本語吹替版に、三森すずこが声優として参加することが発表された。

 本作は、全世界30億ダウンロードのゲームアプリ映画化したもの。飛べない鳥たちが平和に暮らす島・バードアイランドを舞台に、怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、身体はデカいがビビリのボムの3羽が、ピッグ軍団に盗まれた大切な“タマゴたち”を取り返すために、大冒険を繰り広げる模様を描く。『怪盗グルーの月泥棒 3D』のプロデューサーが製作を務め、日本語吹替版には、レッド役の坂上忍をはじめ、前園真聖、山寺宏一らが参加している。

 声優ユニットのミルキィホームズ、μ'sのメンバーでもある三森が吹替を担当するのは、バードアイランドに住む、いつもポジティブでしっかり者のピンク色の鳥・ステラ。三森は役作りについて、「可愛くてしっかり者なステラのキャラクターがよりいきいきとなるように演じてみました」と語りながら、「バードアイランドの仲間たちはもちろん、侵略してくるブタさんたちもみんなとっても可愛くて、しかもとっても笑えます♪ ぜひ楽しみに待っていてください♪」と見どころをコメントしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/28(木) 8:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。