ここから本文です

ジダン愛息やノルウェーの神童が出場も不発 主力不在のレアルがPSGに1-3で敗戦

Football ZONE web 7/28(木) 11:37配信

ICC注目の一戦も、レアルはC・ロナウドやベイルらが欠場

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)注目の一戦、レアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)がアメリカのオハイオ州で行なわれ、PSGが3-1で勝利した。

【写真特集】スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 レアルは欧州選手権を戦ったFWクリスティアーノ・ロナウド、FWギャレス・ベイル、MFトニ・クロースやMFルカ・モドリッチらが不在のなか、定位置確保を目指す選手にとっては大事な実戦の機会となった。ユベントスから復帰したFWアルバロ・モラタらがスタメンで出場。一方のPSGの先発メンバーにはMFハビエル・パストーレ、FWエディンソン・カバーニら主力が名を連ねた。

 試合は開始直後の2分、いきなりPSGの新星が輝く。18歳のフランス人FWジョナタン・イコネが、鮮やかに5人を抜き去る超絶ドリブルシュートを披露して先制点を奪った。35分にはDFトーマス・ムニエルが相手のパスミスを奪って左足ミドルシュートを突き刺し追加点を奪う。その5分後にも右サイドの崩しから、ムニエルのラストパスが一度は相手GKに防がれるが、こぼれ球を詰めてこの日2点目をゲットした。いきなり3点を追う形となったレアルは、44分にMFイスコの出したラストパスが相手のハンドを誘ってPKを獲得。これをマルセロが成功させて2点差とした。

レアルの若手は明確なアピールができず

 後半に入って、ジネディーヌ・ジダン監督はメンバー全員を入れ替えて、より一層テストの様相を強めた。ノルウェーの17歳神童MFマーティン・エデゴー、MFマルコ・アセンシオ、そしてジダン監督の愛息MFエンツォら若手メンバーを投入。2列目に入ったアセンシオが果敢にシュートを放つ場面も見られた。

 それでも同22分に、PSGがムニエルからのクロスをカバーニがダイレクトで合わせるなど、個人能力の高さを見せた。後半はこのままゴールネットが揺れることなくタイムアップの笛が鳴った。

 昨季リーグ4連覇を達成したフランス王者は、24日のインテル戦に続いての快勝となった。FWズラタン・イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッドに去ったものの、ウナイ・エメリ新監督のチーム作りは順調のようだ。

 一方のレアルは、ポジション争いの序列を覆すことを目指したメンバーが中心となった構成で、それぞれが持ち味を出そうとプレーしたが、ジダン監督に対して明確なアピールをすることができなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/28(木) 11:37

Football ZONE web