ここから本文です

ユベントスに“105億円移籍”のイグアインが明かした野望 「我がゴールはCL優勝」

Football ZONE web 7/28(木) 13:55配信

セリエA史上最高額で移籍した新エースが決意表明

 アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、ナポリからユベントスに移籍金9000万ユーロ(約105億円)で移籍することが正式発表された。セリエA史上最高額での移籍を果たした28歳のストライカーは、「UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝が我がゴール」と断言。“貴婦人”の異名を持つ名門での栄冠獲得を誓っている。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 昨季セリエA史上最多36ゴールを記録したストライカーは、決然と野望を語った。

「我がゴールはチャンピオンズリーグで優勝すること。だが、今は開幕戦に最高の状態に仕上げるために落ち着きたいところだね」

 ユベントスはCLで過去2度優勝している。1984-85シーズンと95-96シーズンに栄冠に輝き、2季前には決勝でバルセロナに1-3で惜敗し、ビッグイヤー獲得を逃した。昨季はベスト16で、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンと延長戦にもつれ込む死闘の末に、2戦合計4-6で敗れている。

 セリエAを5連覇中のユベントスは、今や凋落著しいイタリアサッカー界で、CL制覇を狙える唯一の希望の星となっている。イグアインを最前線に加えることで、“貴婦人”は欧州の頂点に返り咲くことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/28(木) 13:55

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。