ここから本文です

ジダン、進展なきポグバ移籍に「あらゆることが起こりうるだろう」

フットボールチャンネル 7/28(木) 8:30配信

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、いまだ進展が見られないMFポール・ポグバの移籍について「あらゆる可能性がある」と考えているようだ。27日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】ベイルは選外…EURO2016のベストイレブン(UEFA発表)一覧

 パリ・サンジェルマンとの親善試合を控え、米国入りしたマドリー。ジダン監督は、カナダでの一週間を終え「素晴らしい一週間だった。いい準備ができた」と順調な調整ぶりを語る。

 そして、いまだ去就がはっきりしないユベントスのポグバについて話が及ぶと「(移籍期限の)8月31日まで、あらゆる可能性がある。今の時点では、彼はマドリーの選手ではないということだ。どうなるかは話せない」と言葉を濁す。

 さらに「皆がポグバに興味を持っている。素晴らしいプレーヤーだ」と述べ、「マドリーというのは常にベストな選手を求めている。だが、彼は今ユベントスの選手であることを尊重せねばならない。今日の時点ではそれ以上言えることはない」と続けた。

 また、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルの2枚看板抜きでプレシーズンを戦うことについては「EUROが終わったばかりである以上、選手が欠けているのは仕方ない。8月9日のUEFAスーパーカップはもうすぐだが、それに向け準備するだけだ」と落ち着いた対応を見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 8:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。