ここから本文です

レアルより、バルサを選んだMFアンドレ・ゴメス。「クラブ哲学が決め手だった」

フットボールチャンネル 7/28(木) 8:40配信

 バルセロナに加入したポルトガル代表のMFアンドレ・ゴメスは、入団会見の場で、同チームの哲学に惹かれていることを明かした。27日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 バレンシアから移籍してきた22歳は、バルセロナに来た理由を「自分にとって一番いいクラブを選ばねばならなかった。疑いはなかった。ここが自分の成長のためにベストだと思った」と述べる。

 そしてライバル、レアル・マドリーとの獲得競争だったことについて、「それは個人的な話だ。どのクラブにも個性があり、バルセロナが一番自分にしっくり来た。私自身のアイデンティティや哲学に関係してくるもので、これはサッカーをやる上で重要だと思っている」と語っている。

 今後は世界トップのプレーヤーたちとのポジション争いが待っているが「中盤には偉大なプレーがたくさんいるのは事実だ。とにかく色々と学びたい」と述べ、「今22歳で、もっといい選手になるための時間がある。たくさん練習し、早くアジャストしたい。非常に楽しみだ」と前向きな気持ちを述べている。

 「重要なのはタイトルを獲ること」と語るゴメス。22歳にしてEURO制覇に貢献したスター候補生は、新しいユニフォームで更なるタイトル獲得に挑む。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 11:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。