ここから本文です

トルナトーレ監督最新作『ある天文学者の恋文』、モリコーネの音楽にのせた予告編公開

リアルサウンド 7/28(木) 12:44配信

 9月22日に公開されるジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作『ある天文学者の恋文』より、日本版予告編が公開された。

 本作は、『ニュー・シネマ・パラダイス』のトルナトーレ監督が手がけた恋愛ミステリー。著名な天文学者エドが遺した“謎”を、教え子でもある恋人のエイミーが解き明かしていく模様を描く。

 天文学者のエド役を『運命の逆転』で第63回アカデミー主演男優賞を受賞したジェレミー・アイアンズ、恋人エイミー役を『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコがそれぞれ演じる。音楽は、『ヘイトフル・エイト』で第88回アカデミー賞作曲賞を受賞したエンニオ・モリコーネが手がけている。

 このたび公開された予告編は、エイミーが、恋人である天文学者エドの突然の訃報を受け、悲しみに暮れる姿から始まる。彼の死後も届き続けるエドからの手紙に導かれるように、スコットランドのエディンバラやイタリアの湖水地方サン・ジュリオ島を巡っていくエイミーの姿などが収められている。

 メガホンを取ったトルナトーレ監督は、「僕は、天文学者に憧れがある。彼らは何億年も前に燃え尽きた星の光から多くを学ぼうとする。だから、“死してなおも照らす”ことを知っている」と語った。(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

最終更新:7/28(木) 12:44

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。