ここから本文です

レスターが19歳のポーランド代表MF獲得に迫る 移籍金10億円に増額で争奪戦制すか

Football ZONE web 7/28(木) 15:20配信

EUROにも出場した逸材カプストカの獲得に近づくと英紙報じる

 レスター・シティが、ポーランドリーグのKSクラコヴィアに所属する19歳のポーランド代表MFバルトシュ・カプストカの獲得に近づいている。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ドルトムントやアヤックス、サウサンプトンといったクラブとの争奪戦の末に、プレミアリーグ王者が逸材獲得のポールポジションに立ったようだ。

 最新のレポートによれば、レスターはカプストカ獲得に向けて当初は650万ポンド(約9億円)のオファーで迫ったが、これは所属クラブが拒否。移籍金を750万ポンド(約10億5000万円)に釣り上げて再オファーを送ったことで合意に近づいたという。

 カプストカは19歳にして、昨季は公式戦35試合5得点10アシストという成績を残し、今夏のステップアップが期待されている注目株。ポーランド代表としてベスト8に進出した欧州選手権(EURO)でも、4試合でプレーした。巧みなボールタッチから繰り出すドリブルが武器で、左サイドからカットインしてチャンスに絡むプレーを最も得意としているが、右サイドでのプレーも可能だ。

今夏も原石発掘に余念なし

 加入が決まれば、昨季のPFA年間最優秀選手賞を受賞したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、豊富な運動量を武器に両サイドでプレー可能なMFマーク・オルブライトン、スピードスターのMFジェフ・シュラップ、MFデマライ・グレイらとの激しいポジション争いが繰り広げられると予想されている。

 ドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーや、クラブレコードとなる1600万ポンド(約22億円)で獲得したナイジェリア代表FWアーメド・ムサら4選手を補強しているレスターが、今夏5人目の新戦力を補強間近となった。マフレズをはじめ、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディやフランス代表MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)らを発掘した敏腕スカウトのスティーブ・ウォルシュ氏が去ったレスターだが、今夏も原石の発掘に動いている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/28(木) 15:20

Football ZONE web