ここから本文です

トッティ、現代サッカー界に苦言「皆、金を追い続け、魂がなくなった」

フットボールチャンネル 7/28(木) 9:00配信

 イタリアサッカー界が誇るレジェンド、フランチェスコ・トッティは、現代サッカー界は「金ばかり追いかけ、魂がなくなった」と苦言を呈している。26日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 FWゴンザロ・イグアインが、ナポリから巨額の移籍金とともにライバルのユベントスへ移籍した。トッティはこれについて、「今の時代、サッカー選手も漂流民の様になっている。金を追い続け、心が無くなっているね。それが、自分と他の選手との違いだろう」と述べる。

 そして、「ファンはサッカーを楽しむため、そしてチームに忠誠を尽くす選手を見るためにスタジアムへ行くのだ。裏切り者を見に行くのではない」と語り、「その点においてもイグアインのユベントス移籍はひどいものだ」と続けた。

 さらに、ローマ一筋25シーズン目を迎えるトッティは「魂で続けるプレーヤーがいなくなった。もし、私が金を追いかけていたなら、10年前にローマを離れていただろう。私にとって大切なのは情熱であり、金ではない。ずっとローマのユニフォームを愛してきた」と自らの想いを語っている。

 当たり前のように、巨額の金が動き、人も動く現代サッカー界。ひとつのユニフォームを25年間着続けるトッティには到底理解しがたいものだろう。レジェンド・トッティが鳴らす警鐘は、その渦中の人々に届くのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 9:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。