ここから本文です

残忍なタックルで一発退場のセスク 試合後にリバプールのドレッシングルームを訪れ謝罪

Football ZONE web 7/28(木) 18:58配信

ICCで起きた退場劇 リバプールDFクラヴァンの左足首をスパイクの裏が直撃

 チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、現地時間27日にアメリカ・カリフォルニア州パサデナで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップのリバプール戦に先発出場したが、後半25分にリバプールDFラグナル・クラヴァンの足首にスパイクの裏がヒットする危険なタックルを見舞い、一発退場となった。試合はDFギャリー・ケイヒルのゴールで、チェルシーが1-0で勝利している。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 “事件”が起きたのは、後半25分だった。こぼれ球を拾おうと駆け寄ったクラヴァンのもとに、セスクが勢い良くスライディングタックルを仕掛けると、スパイクの裏がクラヴァンの左足首を直撃。クラヴァンは悶絶してピッチに倒れこんだ。プレシーズンマッチとはいえ、一歩間違えれば選手生命に関わる大ケガになりかねない危険なタックルだっただけに、主審は迷わずレッドカードを提示した。

 負傷は大事には至らず、クラヴァンはその後もプレーを続け、チームで唯一フル出場を果たしている。

 英地元紙「リバプール・エコー」は、試合後のユルゲン・クロップ監督のコメントを掲載。「ユルゲン・クロップが明かす。セスク・ファブレガスはローズ・ボウルで起きた彼の極悪非道なチャレンジを謝罪するためにドレッシングルームの中に」とレポートし、セスクが謝罪を行ったことが判明した。

「あれはレッドカードだ。精神的な傷にならないことを願う。彼(セスク)はドレッシングルームに来て、申し訳ないと言ったよ。彼のチャレンジはあまりに遅れたものだった」

擁護するような言葉も残したクロップ監督

 ただし、クロップ監督は「選手が100%の状態でない時、チャレンジはあのように少し遅れてしまうことがあるんだ」と、まだ調整段階の時期に起きたプレーで仕方がない部分もあると、セスクを擁護するようなコメントも残している。

「今日のゲームは激しすぎたとは思わないが、単なるフレンドリーマッチという雰囲気ではなかった。それでいい。私はそれを求めてここに来た」

 この試合、リバプールのMFマルコ・グルイッチがチェルシーMFベルトラン・トラオレとの接触で頭を打って途中交代。試合後に病院へ直行するというトラブルも発生した。イングランドの名門同士による対戦は、テストマッチながら両者合わせてイエローカード6枚(チェルシー1、リバプール5)、レッドカード1枚が飛び交うなど、少々ヒートアップしすぎてしまったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/28(木) 18:58

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。