ここから本文です

【英国人の視点】浅野は欧州で活躍できるか? ミキッチとウタカが説くチャンスを掴む条件とSNS断ち

フットボールチャンネル 7/28(木) 10:30配信

 アーセナルへの移籍が決まったサンフレッチェ広島の浅野拓磨。厳しい欧州の舞台で活躍するために、何をなすべきなのか? 元チームメートにして、Jと欧州の両方を熟知する2人の外国人選手がその条件を語る。(取材・文:ショーン・キャロル)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

既に現地ファンから懐疑的な目で見られている浅野

 また一人欧州へ……。

 浅野拓磨は先週、涙ながらにサンフレッチェ広島への別れを告げた。リオ五輪への参加とその後のアーセナル移籍を前にして、サンフレッチェでのラストゲームをゴールで飾ることはできなかったが、こういった場合の例に漏れず感動的な別れのシーンとなった。

 Jリーグのこの季節には、同じようなシーンが日常茶飯事となりつつある。このリーグでプレーする若い選手たちが、「夢を現実にするため」、「日本サッカーの成長を助けるため」、その他諸々の理由によりシーズン半ばでの欧州移籍を実行に移すためだ。

 もちろん、そういった選手たちが短期間で帰国するパターンも多い。アーセナルファンの大半はすでに、浅野はノースロンドンで失敗に終わると決めてかかっている。アーセン・ヴェンゲルがトップクラスのFW補強に大金をつぎ込まないことに対する不満から来るものでもあるが、浅野自身がまだ本当に高いレベルの付近ですら力を証明していないためでもある。

 浅野にとってはフェアな評価ではないが、過去には何人ものフル代表やU-23代表の選手たちが欧州で成功を掴めずに帰ってきた。永井謙佑や大津祐樹、柿谷曜一朗や山口蛍、宇佐美貴史といった選手たちの例に続くことになりたくないのであれば、浅野もそういう見方に慣れていかなければならないだろう(もちろん宇佐美は、二度目のチャンスを与えられたところだが…)。

 ミハエル・ミキッチは、元チームメートとなった浅野がイングランドに到着してからは、面の皮を十分に厚くしなければならないとよく分かっている。現地の言葉が理解できないことは、移籍直後の浅野にとってはアドバンテージになるかもしれない。冗談交じりではあるが、ミキッチがそう語るのには理由がある。

1/3ページ

最終更新:7/28(木) 10:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。