ここから本文です

コロンビアのナシオナル、27年ぶりリベルタ杯制覇! 12月にクラブW杯で来日へ

フットボールチャンネル 7/28(木) 11:39配信

【ナシオナル 1-0 インデペンディエンテ リベルタ杯決勝2ndレグ】

 南米クラブの頂点を決めるコパ・リベルタドーレスカップは現地時間27日に決勝戦の2ndレグが行われ、コロンビアのアトレティコ・ナシオナルとエクアドルのインデペンディエンテ・デル・バジェが対戦した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

 インデペンディエンテのホームで行われた1stレグは1-1の引き分けに終わったが、ナシオナルがアウェイゴールを奪っている。ナシオナルが勝利すれば27年ぶり、インデペンディエンテが勝利すれば初優勝となる。

 優勝を決める大一番は、ホームのナシオナルが早々にリードを奪う。リオ五輪コロンビア代表にも選出され、日本代表とも対戦する可能性のあるFWミゲル・ボルハがセットプレーのこぼれ球を押し込んで先制点を挙げた。

 その後もナシオナルが試合を優位に進め、インデペンディエンテの攻撃を完封。結局ミゲル・ボルハのゴールが2ndレグで唯一の得点となり、1-0で2ndレグを勝利した。

 これにより、2試合合計で2-1としたナシオナルが27年ぶりとなるリベルタドーレスカップ制覇を達成。今年12月に日本で開催されるクラブワールドカップに南米代表として参加することが決まった。

【得点者】
9分 1-0 ボルハ(ナシオナル)

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 11:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。