ここから本文です

就任2日でスピード辞任の“変人”がアルゼンチン代表監督を拒絶。指揮官選びは混迷

フットボールチャンネル 7/28(木) 13:10配信

 マルセロ・ビエルサ氏は、アルゼンチン代表監督の就任を拒絶したようだ。アルゼンチンサッカー協会のアルマンド・ペレス会長が、地元ラジオ『ラジオ・スーペル』で明かした。

ベイルは選外…EURO2016のベストイレブン(UEFA発表)一覧

 コパ・アメリカで準優勝に終わったアルゼンチン代表は、大会後にヘラルド・タタ・マルティーノ監督が辞任したことで後任監督を探している。

 “エル・ロコ”(「変人」の意)の愛称で知られるビエルサ氏は、この夏にラツィオの監督に就任。しかし、クラブが自身の要求する選手を獲得しようとしなかったとして就任2日で辞任するという暴挙に出た。

 変人の名に違わぬスピード辞任劇を見せたビエルサ氏にラツィオは憤慨し、法的措置も辞さない構えだという。

 そのビエルサ氏は辞任後からアルゼンチン代表監督の候補として名前が挙げられていたが、ペレス会長は「ビエルサと話しをしたが、彼は自らが代表監督として正しい人物ではないと言っていた。彼にとっては苦渋の決断だっただろう」と、ビエルサ氏から断れたと語った。

 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督も候補に挙がっていたが、これはエンリケ・セレソ会長が断りを入れたことを明かしている。

 アルゼンチンサッカー協会は現在深刻な資金難に陥っており、FIFAの管理下に置かれている。また、リオネル・メッシは代表引退を表明し、さらに多くの大物選手も続くのではと噂されている。

 混乱の最中にいるアルゼンチン代表だが、指揮官選びはさらに混迷を極めることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 13:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。