ここから本文です

バルサ、待望の“控えFW”はイングランド2部から? ビエット獲得失敗で緊急補強へ

フットボールチャンネル 7/28(木) 18:53配信

 バルセロナは、イングランド・チャンピオンシップ(2部)のニューカッスルに所属するスペイン人FWアジョセ・ペレスの獲得に迫っているようだ。英紙『デイリーメール』『デイリースター』などが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

 リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールによる世界屈指の3トップが最大の武器であるバルセロナだが、これに次ぐ控えの層が積年の課題となっていた。ルイス・エンリケ監督も「新たなFWをひとり探している」とFWを探していることを公言している。

 アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWルチアーノ・ビエットの獲得に大きく近づいていたものの、同選手はバルセロナではなくセビージャに移籍することが決定的となっている。

 これによって待望の控えFW獲得が難航したバルセロナだが、イングランドの2部リーグから緊急補強に踏み切るようだ。報道によれば、バルセロナはA・ペレス獲得に向けて1500万ポンド(約20億7000万円)を準備しているという。

 23歳のA・ペレスは、13/14シーズンにスペイン2部のテネリフェで16得点を挙げ、その実績を買われてニューカッスルへ移籍。その後、ニューカッスルでの2シーズンではリーグ戦70試合13得点という結果となっている。世代別代表ではU-21スペイン代表に2試合出場した経歴はあるが、A代表での実績はない。

 ニューカッスルは昨季のプレミアリーグを18位で終えたことで2部に降格。すでにジョルジェニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、パピス・シセ(山東魯能)、アンドロス・タウンゼント(クリスタルパレス)ら主力選手を売却している。

 また、バルセロナは過去に一度接触したデポルティーボのスペイン人FWルーカス・ペレスも候補に入れるなど、選手層拡充に向けて多くの選手をリストアップしている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 19:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。