ここから本文です

バルサ、待望の“控えFW”はイングランド2部から? ビエット獲得失敗で緊急補強へ

フットボールチャンネル 2016/7/28(木) 18:53配信

 バルセロナは、イングランド・チャンピオンシップ(2部)のニューカッスルに所属するスペイン人FWアジョセ・ペレスの獲得に迫っているようだ。英紙『デイリーメール』『デイリースター』などが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

 リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールによる世界屈指の3トップが最大の武器であるバルセロナだが、これに次ぐ控えの層が積年の課題となっていた。ルイス・エンリケ監督も「新たなFWをひとり探している」とFWを探していることを公言している。

 アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWルチアーノ・ビエットの獲得に大きく近づいていたものの、同選手はバルセロナではなくセビージャに移籍することが決定的となっている。

 これによって待望の控えFW獲得が難航したバルセロナだが、イングランドの2部リーグから緊急補強に踏み切るようだ。報道によれば、バルセロナはA・ペレス獲得に向けて1500万ポンド(約20億7000万円)を準備しているという。

 23歳のA・ペレスは、13/14シーズンにスペイン2部のテネリフェで16得点を挙げ、その実績を買われてニューカッスルへ移籍。その後、ニューカッスルでの2シーズンではリーグ戦70試合13得点という結果となっている。世代別代表ではU-21スペイン代表に2試合出場した経歴はあるが、A代表での実績はない。

 ニューカッスルは昨季のプレミアリーグを18位で終えたことで2部に降格。すでにジョルジェニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、パピス・シセ(山東魯能)、アンドロス・タウンゼント(クリスタルパレス)ら主力選手を売却している。

 また、バルセロナは過去に一度接触したデポルティーボのスペイン人FWルーカス・ペレスも候補に入れるなど、選手層拡充に向けて多くの選手をリストアップしている。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/7/28(木) 19:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!