ここから本文です

アーセナルGK、今季も再びローマへ。両クラブが期限付き移籍の契約更新で合意

フットボールチャンネル 7/28(木) 20:50配信

 アーセナルに所属するポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーは、今季もローマでプレーすることになった。27日にイタリアの『スカイ・スポルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 シュチェスニーは、昨季にアーセナルへGKペトル・チェフが加入したことによる出場機会確保のため、ローマへ1年間の期限付き移籍を決断。そしてローマも昨季に42試合に出場した同選手のパフォーマンスを指揮官のルチアーノ・スパレッティ監督が高く評価したことで、アーセナルと期限付き移籍の契約更新について交渉していた。

 両クラブは数週間の交渉を経て、これまでアーセナルも一部分支払っていた年棒をローマが全額支払い、そして1600万ユーロ(約18億円)に設定された買取オプション付きでの期限付き移籍で契約を更新することで両クラブが合意に至ったようだ。翌日の28日にその正式発表が出される予定となっている。

 シュチェスニーはローマがアメリカツアーのためにプレシーズン・キャンプを行っているボストンへ間もなく合流する。8月1日にセントルイスで行われる予定であるリバプールとの親善試合への出場には間に合うようだ。

 シュチェスニーの獲得を強く望んでいたスパレッティ監督にとって心強い補強となったことは間違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 22:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。