ここから本文です

レアル、下部組織に“レジェンド”監督が就任。ブロンドの天才が昇格

フットボールチャンネル 7/28(木) 21:11配信

 レアル・マドリーは下部組織であるユースA監督にホセ・マリア・グティエレス、”グティ”監督の昇格を発表した。27日付け『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 グティ監督はマドリー下部組織出身であり、第一次フロレンティーノ・ペレス政権の”銀河系”と呼ばれたチームの中でもその才能を発揮し15シーズンで公式戦542試合に出場。リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグなど数々のタイトル獲得に貢献した。

 2013年よりU12カテゴリーの監督を務めステップアップしていったグティ監督だが、サンティアゴ・ソラリ監督のマドリーBチーム、レアル・マドリー・カスティージャ監督就任に伴い、ユースAチームの監督に就任することになった。

 育成の最終段階という重要なパートを任されることになったグティ監督。「ここで仕事をするのはどういうことか知っている。そしてそれぞれの段階で下部組織の選手が要求されることもね」と語ると、「彼ら選手にとって重要な年だ。国内だけでなくヨーロッパのトップレベルのユースチームと戦うことになる。われわれはレアル・マドリーだ。勝って勝って勝ち続ける必要がある」と意気込みを語った。

 現役時代はブロンドをなびかせて華麗なプレーを披露していたグティ氏だが、指導者としての実力にも注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 13:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。