ここから本文です

PSGに完敗も余裕のジダン「シーズン中はBBCがいる」

フットボールチャンネル 2016/7/28(木) 22:00配信

 今季初の実戦に臨んだレアル・マドリー。パリ・サンジェルマンに1-3と完敗したが、ジネディーヌ・ジダン監督に焦りの色はない。28日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 この日の試合は、バカンス中のクリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルに加え、カリム・ベンゼマも背中の違和感で欠場と、看板の”BBC”抜きで臨んだマドリー。若手のアルバロ・モラタとヘセの2トップという布陣に「シーズン中は3トップでプレーするのは皆が分かっている。今は色々と試しているところだ」と述べる。

 試合に敗れたものの、「練習を始めてまだ10日程だ。フィジカル的にもまだまだであり、こんなものだろう。全般的に満足している」と不安は見せない。そして、「ここからよりハードにプレーし、戦術的にも詰めていき、オートマティックにできるようにしたい。徐々にこなしていく」と今後に向けて語る。

 そして、この試合では、自身の息子エンツォをはじめ、多くのカンテラ(下部組織)の若手選手もプレーしているが、「いい選手たちだが、まだ若い。少しずつ前進すればいい。チームの中に彼らを入れ、より大きな集団にすることが大事なのだ」とコメントした。

 多くの主力が不在の中でスタートを切ったジダン・マドリー。初戦での結果は芳しいものではなかったが、指揮官も百も承知のようだ。初のフルシーズンを迎えるジダン監督の手腕が問われるのはここからだ。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/7/28(木) 22:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!