ここから本文です

PSGに完敗も余裕のジダン「シーズン中はBBCがいる」

フットボールチャンネル 7/28(木) 22:00配信

 今季初の実戦に臨んだレアル・マドリー。パリ・サンジェルマンに1-3と完敗したが、ジネディーヌ・ジダン監督に焦りの色はない。28日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 この日の試合は、バカンス中のクリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルに加え、カリム・ベンゼマも背中の違和感で欠場と、看板の”BBC”抜きで臨んだマドリー。若手のアルバロ・モラタとヘセの2トップという布陣に「シーズン中は3トップでプレーするのは皆が分かっている。今は色々と試しているところだ」と述べる。

 試合に敗れたものの、「練習を始めてまだ10日程だ。フィジカル的にもまだまだであり、こんなものだろう。全般的に満足している」と不安は見せない。そして、「ここからよりハードにプレーし、戦術的にも詰めていき、オートマティックにできるようにしたい。徐々にこなしていく」と今後に向けて語る。

 そして、この試合では、自身の息子エンツォをはじめ、多くのカンテラ(下部組織)の若手選手もプレーしているが、「いい選手たちだが、まだ若い。少しずつ前進すればいい。チームの中に彼らを入れ、より大きな集団にすることが大事なのだ」とコメントした。

 多くの主力が不在の中でスタートを切ったジダン・マドリー。初戦での結果は芳しいものではなかったが、指揮官も百も承知のようだ。初のフルシーズンを迎えるジダン監督の手腕が問われるのはここからだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 22:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。