ここから本文です

117億円稼ぐ「ワン・ダイレクション」の不在が音楽業界に与える打撃

Forbes JAPAN 7/28(木) 8:00配信

ワン・ダイレクションのメンバー4人は、2015年末、22億ドル以上を稼いだ「オン・ザ・ロード・アゲイン・ツアー」の終了後に休業を発表した。音楽オーデション番組The X Factor で出会い、世界的な人気を誇った彼らが表舞台から去ったことで、ボーイバンドのマーケットには空席が出来たが、その座を奪う者たちはまだ現れていない。



音楽業界の誰もが次のワン・ダイレクションを生み出そうと狙っているのは想像に難くない。世の中にはボーイバンドは数多くあるが、その多くは彼らほどの成功は得られない。一方で、一旦スポットライトが当たれば、信じられないような売れ方をする。

ワン・ダイレクションは2010年に結成され、これまでで最も成功した男性ポップグループの一つになった。リリースしたアルバム5枚はいずれも、世界の国々でヒットチャートのトップになり、世界の主要国のいくつかで年間ヒット曲にも選ばれた。シングルの多くは飛ぶように売れ、ミリオンセラーとなった。4つのツアーも大成功を収め、一夜で大金を稼いだ。

年収はテイラーに次いで2位、117億円

フォーブスが7月に発表した「世界で最も稼ぐセレブリティランキング」で、彼らはテイラー・スウィフトに次いで2位の座を獲得。その年間売上は1億1,000万ドル(約117億円)に達している。彼らの空白を埋めるボーイバンドはどこにいるのだろうか。

ボーイバンドは大金を生むが、ブレイクさせるのはとても難しい。一作か二作をヒットさせられれば幸運な方で、アメリカではイン・シンクとバックストリート・ボーイズ以降、世界的に成功したボーイバンドは10年以上出ていない。

スーパースターの欠如は男性グループだけの問題ではない。女性グループは何十年にもわたって、ヒット作を連発してきたのに、最近のヒットチャートでは、フィフス・ハーモニー以外のスターが見当たらない。

音楽産業におけるトレンドや好みは刻一刻と変化する。そして次にブレイクするボーイバンドがいつ現れるのかが気になるところだが、もしかしたらその日は、ワン・ディレクションの活動再開の時になるのかもしれない。彼らは休業時に復帰を約束しているのだから。

Hugh McIntyre

最終更新:7/28(木) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。