ここから本文です

中国シャオミ、MacBookに「激似」のノートPC 540ドルで発売 

Forbes JAPAN 7/28(木) 12:47配信

スマホから始まり、炊飯器やテレビ、空気清浄器と製品の多角化を進める中国のシャオミ(小米)が今度はノートPCを発表した。



7月27日、北京のイベントで披露されたのが「Mi Notebook Air」。同社初のノートPCとなるこの製品は名前も外見もMacBookにそっくりだが、価格は540ドルからという低価格だ。

Mi Notebook AirにはマイクロソフトのWindows 10が搭載され、パワーユーザー向けの13.3インチの製品と、携帯性を重視するユーザー向けの12.5インチの製品の2種類がある。どちらも1080pのフルHDディスプレイを持ち、フルメタルのボディはゴールドとシルバーの2色展開となっている。

ライバルのMacbook Airを打ち負かす要素としては、GPUにNividaのGeForce 940MXを搭載し、ゲームなど負荷の高い動画でも快適に動作する点が挙げられる。

13.3インチ版のスペックはインテルのCore i5 processor、8GBのRAM、256GBのSSD。12.5インチ版はインテルのCore-M processor、4GBのRAM、 128GBのSSDとなっている。


(Image Source: Xiaomi)

12.5インチの製品はバッテリーの持ちも良く、1回の充電で11時間半使用できる。13.3インチの製品は1回の充電で9時間半使えるという。

Mi Notebook Airは8月2日に中国で発売される。価格は12.5インチ版が540ドル。13.5インチ版は750ドルだ。

Rahil Bhagat

最終更新:7/28(木) 12:47

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。