ここから本文です

【現地7月27日決定の主な移籍】インモービレ、チョップ、オリッチとFWたちが新天地へ!

SOCCER DIGEST Web 7/28(木) 12:15配信

インモービレはラツィオで復活を期す。

■チーロ・インモービレ
・26歳/FW/イタリア代表
・トリノ→セビージャ→ラツィオ(完全移籍)
・移籍金:850万ユーロ(約10億円)
 13-14シーズンにセリエA得点王に輝くも、その後はドルトムント、セビージャ、そして昨シーズン後半の古巣トリノでは鳴かず飛ばす。それでもまだ国内での評価は低くなく、ミロスラフ・クローゼが退団したラツィオが850万ユーロで購入した。スペースがあるカウンターでこそ活きるタイプだけに、シモーネ・インザーギ監督の戦術次第では再浮上もありえる。
 
 
■ドゥイェ・チョップ
・26歳/FW/ブラジル代表
・マラガ→カリアリ→スポルティング・ヒホン(レンタル)
・レンタル料:50万ユーロ(約6000万円) 
 技術と機動力に優れたアタッカー。昨シーズンはレンタル先のマラガで7ゴール・3アシストとまずまずの成績を残し、新シーズンはスポルティング・ヒホンに貸し出された。本職のCFのみならずサイドでも機能するだけに、貴重な戦力になりうる。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

■イビチャ・オリッチ
・36歳/FW/元クロアチア代表
・ハンブルク→1860ミュンヘン(フリートランスファー)
 昨シーズンは10試合出場でDFBカップでの1ゴールと結果を残せず、ハンブルクから契約延長オファーは届かず。そこに目を付けたのが13年間も2部リーグに沈んでいる古豪1860ミュンヘンで、そのエネルギッシュなプレーとプロフェッショナリズムに期待する。久々のブンデスリーガ1部昇格に向けた切り札になれるか。
 

最終更新:7/28(木) 12:19

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。