ここから本文です

【リオ五輪】興梠の先制弾も現地4部とドロー。調整中のチームに指揮官は「こんなもの」とサバサバ

SOCCER DIGEST Web 7/28(木) 17:00配信

開始早々に先制するもミスが目立ち、流れを引き寄せられず。

 リオデジャネイロ五輪に出場する日本代表が27日(日本時間28日)、直前合宿地のブラジル北東部アラカジュで同国4部のセルジッペと練習試合を行ない、興梠慎三のゴールで先制したものの、追いつかれて1-1で引き分けた。
 
 練習試合は、選手交代無制限の45分×2本で実施。日本のシステムは4-4-2で、オーバーエージ(OA)枠の興梠(浦和)、藤春広輝(G大阪)塩谷司(広島)の3人全員が先発した。
 
 試合は開始1分、日本が先制した。中盤でボランチの遠藤航(浦和)のパスを受けた中島翔哉(東京)が前を向き、最終ラインの裏へ浮き球パスを出す。これに反応し、抜け出した興梠がGKと1対1になり、右足で冷静なループシュート。初実戦で、いきなり五輪代表初得点を決めてみせた。
 
 2トップの一角に入った新エースの一撃で先手を取ったが、その後は押し込まれる時間帯が続く。4部とはいえ、独特のリズムとボール運びに戸惑い、シュートまでの形を作れない。パスミスも目立ち、前に出ようとしてはカウンターを受ける展開が続いた45分、遠藤が失ったボールをつながれ、最後はMFラファエルに同点弾を決められた。1-1で前半を折り返す。
 
 OA枠の3人は前半だけで退き、後半はトレーニングパートナーのFW小川航基(磐田)らも出場した。システムは4-3-3、4-1-4-1と変更したものの、得点を奪えない。54分に矢島慎也(岡山)のシュートのこぼれ球をCBの岩波拓也(神戸)が左足で狙ったが、これも相手の守備に阻まれた。
 
 64分には矢島のシュートを中島がヒールで触ってコースを変えたが、枠をとらえられない。さらに66分、CBの植田直通(鹿島)からの縦パスに抜け出した矢島がフリーになり、狙いすましたシュートを右足で放ったが、ゴール左に外れて天を仰いだ。後半は両チームとも無得点に終わり、ブラジルでの初実戦は引き分けに終わった。
 
 ボランチの大島僚太(川崎)は、前日まで発熱のため3日連続で練習を休んだ影響で欠場。岩波はフル出場の予定だったが、体調不良を訴えて62分に交代した。手倉森誠監督は「ブラジル人の身体的な特徴を体感できたのは収穫だけど(本大会に向けて追い込んでいる)今のコンディションでは、こんなものかな」とサバサバした表情だった。
 
 また、所属するヤングボーイズ(スイス)から五輪派遣を拒否されている久保裕也は、いまだ合流できていないまま。日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクターが現地時間の27日朝に急きょ、ブラジルから交渉のためスイスへ飛んだ。

【写真】リオ五輪日本代表登録メンバー18人

最終更新:7/28(木) 17:08

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。