ここから本文です

【総体】滝川二が九州王者・長崎総科大附を撃破! ツバイカンプフの重点強化が奏功!!

SOCCER DIGEST Web 7/28(木) 18:29配信

明大の協力を得てフィジカルアップと大学生を相手に1対1の強化に努める。

 粘りに粘っての完封勝利だ。九州王者・長崎総科大附の猛攻を凌ぎ切り、滝川二がベスト16に名乗りを上げた。

【総体】都道府県別&出身チーム別 出場選手数ランキング


 
「終盤は攻められっぱなしの厳しい展開ながら、なんとか勝ち切れました。攻撃はもっと自由にやってほしいんですが、選手同士がいまひとつうまく連動できてなかったし、まだまだ課題は多いです」
 
 そう語るのは、就任2年目の松岡徹監督だ。
 
 エースの安藤瑞季②(丸数字は学年)を軸に、1回戦で高知商を4-1と粉砕し、アタッカー陣が絶好調の長崎総科大附。勢いに乗る相手の波状攻撃を真正面から受け止め、滝川二は前半22分に左サイドハーフの江口颯③が挙げた虎の子の1点を守り抜いた。最大の勝因はずばり、春先から重点的に鍛え上げてきた“ツバイカンプフ(1対1)”での優位性だ。
 
 指揮官は「戦術的には本当に特別なことはなにもしてないチームなんです。ただ、1対1だけはどこにも負けない自信がある」と力を込める。大学サッカー界の雄・明治大の協力を得て、フィジカルコーチを招いて精力的にメニューをこなしながら、大学生を相手に1対1の強化に努めた。だからだろう。体格と体力で大きく上回る長崎総科大附とのガチンコ勝負でも怯むことなく、ものの見事に弾き返した。
 
 攻撃の大黒柱である持井響太③も、確かな手応えを掴んだようだ。
 
「相手は完全にマンマークでガチガチに来たんで、攻撃はかなり苦戦しましたけど、チーム全体でリードを守り切る自信はありました。ヘディングも当たりも強いし、なにより九州で一番強い相手にどれだけやれるのか。みんな楽しみにして臨みましたよ。大きいですね、この勝ちは」
 
 登録17人中、3年生は8名を数えるのみ。注目の1年生MF柏原悠人をはじめ、伸び盛りの下級生が多い。持井は「普段から学年に関係なくみんなで食事に行ったりしてて、むちゃくちゃ仲がいいんですよ」と笑みを浮かべる。互いを叱咤激励できる団結力、持ち前の技巧、そして滝川二伝統の「心のこもった戦い」(松岡監督)。ここに、泥臭く1対1で競り勝つ逞しさが加わった。
 
「僕もみんなもそうですけど、楽しんで勝つっていうのがタキニらしさ。まだまだ伸びるチームやと信じてます」(持井)
 
 真夏の連戦をステップボードに、神戸の名門は飛躍的な進化を遂げるか。2年連続の8強進出を賭けた3回戦は、地元の大声援を背に勝ち進んできた瀬戸内が相手だ。
 
取材・文:川原 崇(高校サッカーダイジェスト)

最終更新:7/28(木) 22:19

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。