ここから本文です

アマゾン、ドローンの飛行実験で英政府と連携

JBpress 7/28(木) 6:00配信

 米アマゾン・ドットコムは7月25日に、英国政府と連携し、ドローン(無人機)の飛行実験を行うと発表した。

■ 英国で3つの実験開始

 同社は英国運輸省民間航空局(Civil Aviation Authority:CAA)が主導する、省庁間の垣根を越えた政府組織と提携した。これにより開発を進めているドローンを使った商品配送システム「Amazon Prime Air」の実験を行う。

 アマゾンによると、今回の提携により、次ぎの3つの実験が可能になるという。

 (1)農村や郊外における、操縦者の視界を越える範囲の飛行実験
 (2)障害物検知・自動回避機能の実験
 (3)1人の操縦者が複数のドローンを操縦する実験

 一方で、CAAはこれらの実験結果を今後の規制策定のための情報として利用したい考えという。

■ ドローンの新型試作機

 今回の発表に先立つ昨年11月にアマゾンはドローンの新型試作機を公開した。

 このドローンは回転翼と推進用プロペラを備えており、離陸時には垂直方向に飛行し、一定の高度に達すると水平飛行する。

 そして目的地に近づくと顧客に通知を送信。顧客の敷地内に障害物がないかなどの確認をする。その後顧客の敷地内に置かれたアマゾンのロゴが入った目印のシート上に垂直着陸する。最後にシートの上に荷物を下ろし、再び垂直離陸する。

 このドローンは高度400フィート(約122メートル)までの上昇が可能。アマゾンは15マイル(約24キロメートル)以内の範囲で30分以内に商品を届けることを目指している。

 さらにこのドローンは気球などのほかの飛行機や建物、人間といった障害物を検知して自動回避する機能も備えている。

■ アマゾンに立ちはだかる規制の壁

 しかしニューヨーク・タイムズによると、こうした商用ドローンの飛行は米国で禁止されている。

 今年6月に米運輸省連邦航空局(FAA)が発表した商用小型ドローンの運用規則では、飛行が許されるのは操縦者の視界の範囲に限られ、1人が同時に複数のドローンを操縦することを禁じている。

 また飛行時間帯は日の出30分前から日の入り後30分まで。高度は400フィート以下で、時速は100マイル(約160キロメートル)まで。さらに、地上にいるドローンの飛行に直接関係のない人の上を飛行することを禁止している。

 前述のニューヨーク・タイムズの記事は、アマゾンの狙いは配送コストの削減と迅速な配送だが、同時に今回の英国における実験は、米国などの運輸当局に、規制緩和の圧力をかけることになると、伝えている。

 アマゾンやグーグルなどのテクノロジー企業は以前から米当局に対し、ドローンの商用飛行に関する規制緩和を求めていたが、当局は安全上の理由からドローンを使った商品配送を認めることに慎重だ。そうした中、アマゾンはその研究開発の多くを英国、カナダ、オランダに移している。

 アマゾンは今回出した発表資料で次ぎのように述べるにとどめている。

 「今回の実験はドローンの運用ルールや安全規則に関し、何が必要であるかを確認するものになる。そしてこれがドローンの業界を前進させることになる」

 しかしニューヨーク・タイムズの記事は、アマゾンは次ぎのようにも述べ、ドローン飛行の規制緩和を強く要求したと伝えている。

 「今回の英国における実験の成功が、慎重な態度を取る米国をはじめとする国の規制緩和につながることを期待している」

小久保 重信

最終更新:7/28(木) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。