ここから本文です

南ア最大の野生動物保護区に暮らす「ビッグ5」と呼ばれる動物とは?

CREA WEB 7/28(木) 12:01配信

Magnificent View #1031クルーガー国立公園(南アフリカ)

 南アフリカと聞いて思い浮かべるもののひとつが、雄大な草原の中を行き交う野生動物。そんなイメージどおりの風景を見られるのが、この国最大の野生動物保護区、クルーガー国立公園だ。

 2万平方キロメートルもの面積の中に、多種多様な野生動物が暮らし、それらを間近で観ようと訪れる旅行者は、年間100万人以上にものぼる。

 オープンカーで移動しながら動物を探すゲームドライブや、草原の中を歩きながら動物を見るブッシュウォークなど、ここでのアトラクションはサファリ三昧。「ビッグファイブ」と呼ばれる、ゾウ、ライオン、ヒョウ、サイ、バッファローとも、高い確率で出会うことができる。

 ここは今でこそサファリの代表的スポットとなっているが、かつては狩猟が盛んに行なわれている場所だった。1898年、トランスヴァール共和国(現在の南アフリカ共和国の北部)の大統領だったポール・クルーガーが、乱獲される動物を守るため、一帯を保護区に指定。後にエリアが拡大され、以来120年以上にわたって、動物たちの平和が保たれている。

芹澤和美

最終更新:7/28(木) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。