ここから本文です

カンカン先生と名うての厚み派・今村俊也九段のNHK杯1回戦

NHKテキストビュー 7/28(木) 15:00配信

第64回NHK杯1回戦 第5局は、林 漢傑(りん・かんけつ)七段(黒)と今村俊也(いまむら・としや)九段(白)の対局だった。佐野 真さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。



* * *

 
■前講師、模範局なるか?


ご存じ「カンカン先生」こと林漢傑七段の登場である。



昨年10月から今年3月までの囲碁フォーカス講師として、知名度が一気にアップ。持ち前の明るさと、ブレのないまっすぐな精かんさ、そして天才的な話術で、瞬く間に囲碁ファンの心をつかんだ。今や碁界きっての人気棋士であることは間違いなく、先日は街中で「あ、カンカン先生だ!」と声を掛けられたそうだ。



もちろん本業の手合でも、着実に活躍の幅を広げており、NHK杯においてもすっかりおなじみの顔となった。これまでに名人戦リーグ入り、竜星戦準優勝などの実績があるが、32歳と中堅の域に近づいてきた現在、さらなる勲章が欲しい。



対するは、本トーナメントでも3回の準優勝経験がある、ベテラン・今村俊也九段。両者は本棋戦の第62回でも1回戦で対戦しており、そのときは林七段が白番中押し勝ちを果たしている。


■積極的に


組んでよし、離れてよしの自在派である林漢傑七段だが、本局では黒13に続いて15から21、さらには23、25と実利志向。相手が名うての厚み派である今村俊也九段ということで、「実利で先行して逃げ切る」プランということか。





と思われたのだが、白26に対する黒27のハサミは、積極的に戦いを仕掛けにいった手。黒29と受けて「右下で黒Aとスベる手があるので、右辺は白に構えさせてもいい」と考えるのが普通ではあったが「林さんは、右下の白を攻めるくらいの気持ちなのでしょう」と解説の横田茂昭九段。



白28から30のボウシは当然の行動だが、林は「黒31の一間トビから33とノゾき、進退に不自由することはない」と見ている。1図、白1のツギなら、黒2とツケる手がぴったり。白3から5、7がこうした際の形だが、△があるため黒8、10とツキ破ることができる。



ただし、白はあえて1図の白1とツイで黒2とツケさせ、そこで2図の白1と三々に入ることは考えられた。右上を応じていると中央に障ってくるので、黒は2とノビるくらい。「白3まで、こうするべきだったかな」と局後の今村は振り返っている。



※投了までの記譜と観戦記はテキストに掲載しています。



■『NHK囲碁講座』2016年7月号より

NHK出版

最終更新:7/28(木) 15:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革