ここから本文です

鈴木亮平、流暢な英語で人生初のナレーションに挑戦!

Smartザテレビジョン 7/29(金) 5:30配信

7月29日(金)から放送される三菱電機の新テレビCM 東京2020「登場」篇に鈴木亮平が出演。「ひとつ上の自分へ。」をテーマに、同社のメッセージを伝えている。

【写真を見る】CM発表会では撮影時のエピソードを語った

エレベーターから見た東京の街並み。上昇するにつれて、景色が大きく広がっていく。エレベーターから外の風景を見詰める鈴木。そして鈴木自身のナレーションが重なる。

エレベーターの扉が開き、降りてくる鈴木の姿に「ひとつ上の自分へ。」というコピーが挿入。オリンピック・パラリンピックのさまざまな競技シーンとともに、「三菱電機は東京2020とその先の社会にエレベーター、エスカレーターで貢献します」というナレーションが入るストーリーだ。

上昇するエレベーターの中から上を目指そうとする全ての人々に思いをはせる鈴木が印象的。微妙な表情・演技が求められる役だったが、熱心な役作りに定評のある鈴木は絶妙なせりふ回しで見事に演じきった。

また、同CMには「登場英語版:日本語字幕」篇も存在。語学にも堪能な鈴木が、自身初という英語でのナレーションに挑戦している。

最終更新:7/29(金) 5:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。