ここから本文です

若手ビジネスマンが「ツイてない」と感じる出来事TOP10

R25 7/29(金) 7:00配信

夏本番を迎え、暑い日が続く毎日。そんななかでも汗水垂らして働かなくてはならないのがビジネスマンだが、暑い夏をさらに不快にさせるような「ツイてない」出来事に遭遇することもある。一つひとつは些細ながら、いらっとすることについて、20~30代の男性会社員200人に調査した。

■「ツイてないな」と思う瞬間TOP10
(18個の選択肢から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 通勤電車にギリギリで乗り遅れる 288pt
2位 雨が降ってきたので傘を買ったら、すぐに雨があがった 105pt
3位 エレベーターにギリギリで乗り遅れる 99pt
4位 髪を切ったら、変になった(された) 97pt
5位 自動ドアが反応せず、開かない 82pt
6位 とっておいた冷蔵庫の食品が消費期限切れ 69pt
7位 天気予報を信じて傘を持っていったら晴れた 67pt
8位 冷たいジュースを飲みたくて自販機で買ったら、冷えていなかった 62pt
9位 お菓子などの袋を開けようとしたら、キレイに開かず中身が弾け飛んだ 61pt
10位 ポテトチップスやカップラーメンの新味を買ったら美味しくなかった 56pt

※番外
11位 自販機でジュースを買おうと思ったら万札(または五千円札)しか財布になかった 55pt

2位にダブルスコア以上の差をつけて1位に輝いたのは「通勤電車にギリギリで乗り遅れる」。毎日のことだけに、共感する人が多かったようだ。2位は傘にまつわるイライラ。梅雨に経験した「あるある」なのか、7位にも傘の項目があがった。では、それぞれへのコメントを見ていこう。

【1位 通勤電車にギリギリで乗り遅れる】
「次の電車まで時間がある場合、ロスが非常に大きいと感じるので」(28歳)
「朝から自分の思った通りいかないから」(33歳)
「乗り遅れるだけでなく遅刻をする可能性もあるので」(34歳)
「あと少しで間に合ったかと思うとガッカリ感が大きいので」(34歳)
「そこに電車が見えているのに乗れないもどかしさ」(37歳)

【2位 雨が降ってきたので傘を買ったら、すぐに雨があがった】
「金の無駄だから」(28歳)
「最近経験したので」(30歳)
「値段が高くないとは言えもったいないから」(38歳)

【3位 エレベーターにギリギリで乗り遅れた】
「嫌な気分になるから」(27歳)
「タイミングの悪さ」(39歳)
「よくある」(39歳)

【4位 髪を切ったら、変になった(された)】
「かなり落ち込むので」(32歳)
「最近変にされて印象に残っていたから」(34歳)
「髪が伸びるまで時間がかかるから」(35歳)
「いいと思っていても、違っていたらガックリくるから」(37歳)

【5位 自動ドアが反応せず、開かない】
「ふつう開くはずなのに開かないから」(28歳)
「急いでいるときはとても迷惑だから」(32歳)
「なんでだろう」(36歳)

【6位 とっておいた冷蔵庫の食品が消費期限切れ】
「早く食べれば良かった」(31歳)
「情けないしもったいない」(35歳)
「損した気分」(36歳)

【7位 天気予報を信じて傘を持っていったら晴れた】
「雨が降ってないのに傘を持っていると恥ずかしいから」(32歳)
「わざわざ天気予報をみて傘も持っていたのにイライラする」(27歳)

【8位 冷たいジュースを飲みたくて自販機で買ったら、冷えていなかった】
「欲しいものが手に入らないのは残念」(36歳)
「本当についてないと思うから」(38歳)
「これはガッカリ」(39歳)

【9位 お菓子などの袋を開けようとしたら、キレイに開かず中身が弾け飛んだ】
「たまにあるから」(27歳)
「お金を出して買ったのに、食べることができないから」(33歳)
「家が汚れ、お菓子は減る、タブルショック」(37歳)

【10位 ポテトチップスやカップラーメンの新味を買ったら美味しくなかった】
「普段あまり変わった味を冒険しない為、なおさら不味い時は…」(29歳)
「期待を裏切られた気分になる」(38歳)

自分の不注意から引き起こしてしまっていることもあるとはいえ、同じようなシーンに出くわしガッカリしたことがある人も多いはず。運の悪さを嘆くよりは、「ここで悪運は落とした」と前向きに考えて暮らしましょうかね。

(小笠原敦)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/29(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。