ここから本文です

ドラマさながら? リアル“神の舌を持つ男”が語る舌事情

Smartザテレビジョン 7/29(金) 7:01配信

TBS系で放送中のドラマ「神の舌を持つ男」。向井理演じる主人公・朝永蘭丸は、舌に乗せたものを何でも分析できるという“神の舌”を持つという役どころだが、現実にも“神の舌”を持つ人物が存在する。

【写真を見る】ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)では、向井理が“ひとなめしたら何でも分かる神の舌”を持つ男を熱演!

「あのニュースで得する人損する人」(日本テレビ系)に「サイゲン大介」という呼び名で出演中のお笑い芸人、うしろシティ・阿諏訪泰義だ。これまで、番組で有名牛丼店やカレー店などの味を忠実に再現し、坂上忍をして「神の舌を持つ男」と言わしめた彼が、リアルな“神の舌”について語ってくれた。

―― “神の舌”を持つようになったきっかけは何ですか?

まず大前提で、舌って大したことないんですよ(笑)。基本的に舌は読み取れるものが少なくて、味の種類は今認められているもので5、6種類。甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の5種類に加え、カルシウムの骨っぽい風味が匂いではなく舌でしか感じられないんじゃないか、それが6番目の味覚ではないかといわれているんです。

一方で、匂いは何十万種類。鼻と口は器官が近いので、何かを口に入れたときには絶対鼻で感じる。だから、舌が利くというより、本当は鼻なんです。

そういうわけで僕は鼻が鋭い。それは父親の遺伝です。家では食べられるかどうかは、全部親父が嗅いで「まだいける」「でもきょうの夜はダメ」とか判断してましたね。菌の量で匂いが変わってくるんです。

成分や材料が分かるようになってきたのは、東京に出てきて料理をするようになってから。いろんな調味料の味を覚えたので、引き出しが増えたからですね。やっぱり、知識がないと成分は分からないですよね。

――そうなんですね! ドラマ「神の舌を持つ男」は、蘭丸がキスをして唯一何の成分も感じなかった女性・ミヤビ(広末涼子)を捜す旅に出る…というストーリーですが、鼻が利くと女性の匂いって気になります?

女性がトイレに行ってリップクリームを塗り直してきたのは、香りで分かります。それくらいなら気になりませんが、やっぱりご飯を食べるときに香水を付けている女性は苦手ですね。

――普段の食事も材料を考えながら食べているんですか?

全く考えないです! 唯一考えるのは本当に好きなお店に行ったとき。僕はラーメンが好きで、電車に1時間ぐらい乗って食べに行くこともあるんですけど、そういうお店はたまにしか行けないから材料を考えながら食べますね。元々、僕が初めて再現したのはつけ麺。おいしいお店のつけ麺を食べたいけど遠いし高い…。「だったら家で作ってしまえ!」と思い、家でスープを大量に作って冷凍し、いつでも食べられるというようにしたのが、一番最初の“サイゲン”です。

――偏見かもしれませんが、鼻や舌が利く人は好き嫌いが多いのでは?

そんなことないです。味覚や匂いって飽きるんですよ。だから、おいしいと思う範囲が増えていく。でも結局、舌は感じているだけで、それをおいしいと捉えるか、まずいととらえるかは脳みその問題。人によると思いますね。僕は嫌いな食べ物はないですよ。

――鼻や舌が利いて、得したことはありますか?

人に料理を振る舞えることですかね。

――女性にモテるのでは?

そんなことないです。そもそも、僕の家に手料理を食べに来ている時点で、もう僕のこと好きですよね(笑)。嫌いな人の家に行かないでしょ? 料理ができるからといってモテる訳じゃない。その段階まで行くことが大事だけど、そこまでいったらもう好きだろって(笑)。

――では、損したことは?

料理に関する仕事をもらえることは得ですけれど、基本的には嫌なことばっかりです…。みんなと食事に行って「これおいしいよね!」という話が出ても、僕だけは「これ、古いお魚なんだけどな…」と思っていたり(笑)。その場では合わせますが、そういうのはしょっちゅうあります。あとは逆に、「これすごくおいしいのにみんな何も言わない…」とか。けっこう孤立します(笑)。

――困ることが多いんですね…。

そうなんです。他にも、料理を再現できるということで、中に入っているもの全てが分かると思われがちですが、そうじゃないんです。料理を再現するときは、甘いと感じたら甘味を足せば似る、でも、風味が砂糖よりも濃いから黒糖を使うとか、正解が違っても似ればいいと思って作っているので。何でも分かるとよく勘違いされますし、食リポでも「何入ってます?」と聞かれて、そういうことじゃないんだよ!って(笑)。

――そういえば、以前、Twitterで「目玉焼きの匂いがする」とコメントされていましたね。住宅街を歩いていて目玉焼きの香りを感じたことって、普通の人はあまりないと思うんですが…。

目玉焼きの香り、分かりません? 卵は黄身より白身の匂いが強いんですよ。だから白身の匂いで分かります。住宅街を歩いているといろんな匂いがしますね。「肉ジャガに長ネギ使ってるなー、食べたい!」とか、カレーでも「マメが入ったカレーだなー、食べたい!」とか。

――良いですね!

良くないですよ! ただただ食べたくなるだけ(笑)。それが分かったところで得はないです(笑)。

最終更新:7/29(金) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。