ここから本文です

【うんちカフェ】「ゾッとするvs.行きたい」賛否両論

R25 7/29(金) 7:00配信

昨夏、期間限定の「うんこ味のカレー専門店」が話題をさらったことは記憶に新しいが、今年の夏、カナダでは「poop caf?(うんちカフェ)」が8月中旬にオープン予定だという。多くの海外メディアに報道され、注目されるこのカフェに衝撃を受ける声が世界中から寄せられている。

カナダ・トロントのBloor Street沿いの地域に店を構える「うんちカフェ」。文字通り、うんちをテーマにしたカフェで、便器形のプレートに入った渦巻き状のチョコレートソフトクリームやプリン、ワッフルなど、基本的にはすべて茶色のメニューを提供するという。

さらに、店内にも、随所にこだわりが見られる。壁には、渦巻き状のうんちをはじめ、ハートと一緒に並びキラキラした目を持ったうんち、天使の羽が生えたうんちなどが描かれており、なかなかポップな印象。また、椅子には洋式便器を採用する徹底ぶり。

「うんちカフェ」は外国人もびっくりでネット上で様々な反応が寄せられており、このことを伝えたハフィントン・ポストカナダ版には、

“Why? Just why?”(なんで? 単純になんで?)
“Sounds like a place a 5 year old would enjoy. I dont know about addults. Yuck!”(5歳の子供なら楽しめそうな場所だろうが、大人にはどうかな。オェッ!)
“Completely disgusting and creepy weird. I have lost my appetite just from looking at the pictures.”(全くもって胸糞悪くなるし、ぞっとするほど異様。こんな絵を見たら食欲が失せる)
“THe world has gone nuts.”(世界は気がふれてきている)※原文ママ

と、戸惑いを隠せないコメントが多い一方で、Twitterには、

“Yessss! Gotta get myself to Toronto! ”(よっしゃああああ!トロントに行かねば!“
“I want to visit”(行ってみたい)

と、前向きな姿勢をみせる声もあった。(※上記すべて編集部訳)

地元紙『Toronto Star』の取材に対して、女性オーナーのリエン・グエンさんは「私は、うんちを可愛いものにしたいんです」と語っており、数年前に台湾を訪問した際に、このコンセプトを思いついたそうだ。台湾にはトイレをテーマにしたレストラン「Modern Toilet Restaurant」があり、そこからインスピレーションを得たという。

上記の台湾のお店然り、すでに諸外国でトイレやうんちをテーマにした飲食店は存在しているようだが、「うんち=かわいい」をコンセプトに掲げた“斬新さ”からか、「poop caf?」は、地元だけの盛り上がりにとどまらず、英国紙「INDEPENDENT」や米国メディア「CNET」などにも取り上げられている。オープン後の反響も気になるところだ。
(山中一生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/29(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。