ここから本文です

アプガ・仙石“画伯”のヤバ過ぎるイラストに一同あぜん

Smartザテレビジョン 7/29(金) 13:09配信

7月29日(金)深夜3時10分からの「アイドルお宝くじ」(テレビ朝日ほか)は、パーティーライヴ開催直前SP第2弾として『アイドルお宝くじ特別編 真夏の5番勝負inサマステ』の後編を放送する。

【写真を見る】前回放送された生ハムと焼うどん・東理紗(右)の変顔も大きな反響を呼んだ

今回も7月30日(土)の「パーティーライヴ」に出演するアイドルを代表し、アップアップガールズ(仮)とGEMのメンバーが“サマステ”を舞台に、ご褒美をかけて熱いバトルを繰り広げる。

アプガからは佐保明梨、新井愛瞳、古川小夏、GEMからは金澤有希、村上来渚、伊藤千咲美の計6人が参加する。

この対決のご褒美は「アイドルお宝くじ」のCS放送分を1時間丸ごと独り占め総集編権。現在3試合を終え、アプガが2勝1敗とリードしている状況だが、このまま逃げ切れるのか、あるいはGEMが見事大逆転することができるのか。

7月22日の前編では、第1試合で「生ハムと焼うどんプレゼンツ笑っちゃダメよ!バトル!」と題し、生ハムと焼うどん・東理紗が繰り出す変顔に耐えることができれば勝利という勝負が行われた。ここでは、“らなちん”ことGEM・村上がギリギリのところで我慢できず、アプガが勝利を収めた。

第2試合は「上野優華プレゼンツすだちパッションバトル」を。「すだちをしぼり、それを飲む」というパッションが必要とされる戦いだったが、アプガが持ち前のチームワークと、“まぁな”こと新井の豪快な飲みっぷりにより、この勝負もアプガが勝利した。

第3試合は「ヒザ神フットボール」。テレビ朝日の人気番組のキャラクターとフリーキック対決をするこの勝負、GEMが鮮やかにシュートを決めて勝利し、ようやく初勝利。アプガ対GEMは2-1で前半を折り返した。

そして後半・第4試合の舞台は「マイナビ バラエティ食堂」。本社7階の社員食堂として使われているが、夏祭り中は“サマパス”をゲットすれば自由に利用できる。そんな「マイナビ バラエティ食堂」で行われる第4試合は昨年に引き続き「似顔絵バトル」だ。

食堂支配人の似顔絵を最もうまく描いた人が勝利となるこの企画で、リードしているアプガチームにはハンデが。それは、アプガチームの中で絵に最も自信のある古川と、緊急参戦した“画伯”仙石みなみがチェンジすることに。

画力が一気に低下したアプガチームは果たして勝利することができるのか、仙石のヤバ過ぎるイラストにも注目が集まる。

ちなみにメンバーが描いた支配人の似顔絵は、「マイナビ バラエティ食堂」に掲出されているので、一度見てみよう。

次に訪れたのは本社1階のアトリウム。ここではアプガとGEM、そしてPASSPO☆のメンバーが登場する「アイドルお宝くじ360°PIT presented by ヤマハ発動機」が楽しめる。

整備士に扮(ふん)したアイドルとのバーチャル体験ができるこのブースを、現役アイドル自らにやってもらった。

アプガ・古川とGEM・伊藤は実際に体験してみて「すごい近くで話し掛けてくれるからドキドキしちゃいます!」「顔近い! チューしちゃう!」など大興奮。アイドルファンもそうでない人も、一様に楽しめることができそうだ。

最後のバトルの場所は、テレ朝正面エリアにある「PASSOpresentsかき氷コレクション」。この勝負、勝てば3ポイント獲得できるということで、結果的に最も重要な戦いとなりそうだ。

勝敗はまさかの「三輪車リレー」で決することになるのだが、果たして抱腹絶倒の三輪車バトルに勝利し「CS放送分を1時間丸ごと独り占め総集編権」を獲得するのはアプガか、それともGEMか?

最終更新:7/29(金) 13:09

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。