ここから本文です

中田英寿が日本酒の未来に願い「ブームで終わらないように」

東京ウォーカー 7/29(金) 20:59配信

世界一おいしい日本酒を決めるコンペティション「SAKE COMPETITION 2016」の表彰式が、7月29日(金)に六本木のグランドハイアット東京で開催。ゲストプレゼンターとしてサッカー元日本代表の中田英寿さんが出席した。

【写真を見る】Super Premium部門の上位入賞銘柄である「来福 超精米 純米大吟醸」、「作 大智 大吟醸 滴取り」、「残響 Super7」

今年で5回目となる同コンペは、約416蔵(海外蔵は7場)が参加し、出品酒は世界最多の1483点(海外からの出品は21点)となった。「吟醸部門」「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「Super Premium部門」の全5部門で実施。中田さんは新設された「Super Premium部門」のプレゼンターとして登場した。

中田さんは、「日本酒はここ数年ずっとブームと言われていますが、クオリティも上がってきているからこそ、上をより伸ばさないといけない」と部門について説明した。

続けて、「本当に数多くの方々が今までにない挑戦をして、より良いお酒造りということで、日々頑張ってもらえている結果が出てきているのではないかなと思います」とコメント。「ブームで終わらないように、より多くの良いお酒ときちんとした情報、そして教育を多くの方に伝えることで、日本酒が文化として世界中に広がることを願っています」と、さらなる発展への思いを語った。

「Super Premium 部門」は、日本酒のプレミアム化及び、適正価値の周知・定着を目指して、価格帯で技術、味を競い合うために設立。1位には、「来福 超精米 純米大吟醸」(茨城県・来福酒造株式会社)が輝いている。【東京ウォーカー】

最終更新:7/29(金) 20:59

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016