ここから本文です

翌日に影響させない「健康的な」お酒の飲み方

ライフハッカー[日本版] 7/29(金) 12:10配信

前日に飲み過ぎて、翌朝目が覚めたら二日酔いでひどい気分を味わうことがあります。そして、フィットネスにかけた努力が台無しになってしまうこともあります。今回は、気分が悪くなるのを低減する「健康的なお酒の飲み方」をご紹介します。

作家でありパーソナル・トレーナーでもあるRomanielo氏はお酒、水、食事それぞれの「最適な」摂取量の微妙な相互関係を数学のベン図を使って示しています。下記の動画で彼が説明していることは次の通りです。

■ お酒:自分のお酒の許容量を知ることが先決です。よくわからないときは、念のために少なめに見積もっておきましょう。

■ 食事:パーティの前に1日の摂取カロリー(お酒によるカロリー摂取を考慮するならその日の摂取カロリーは普段より10%減らす)か主要栄養素の30%-40%を食べておきましょう。こうしておけば、だらしなく酔っぱらってしまったり、アルコールで増幅した食欲のせいで体に悪いものを食べてしまったりしないですみます。

■ 水:お酒をコップ1杯飲むたびに水も1杯飲みましょう。Romaniello氏の公式だとお酒より水が正確に1杯だけ少なくなります。つまり、お酒を6杯飲むと水は5杯飲むことになります。これで、お酒を薄めなくても適切に水分補給ができます。

上記の3つを押さえておけば、お酒を楽しみながらも落ち着きを保てますし、ひどい二日酔い(いわゆる「神モード」)にならずに済みます。

本来お酒自体で体重が増えるわけではないというのがRomaniello氏の持論です。お酒のせいで感覚がマヒしているときに選んでしまう食べ物の影響の方が大きいのです。

How to Drink Alcohol Without Compromising Your Progress | John Romaniello
Stephanie Lee(原文/訳:春野ユリ)

最終更新:7/29(金) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。