ここから本文です

夏にうれしいさっぱり味! アレンジ自在の“フレッシュトマトソース”を常備しよう

エイ出版社 7/29(金) 17:00配信

フレッシュトマトソースとアレンジおかずのレシピをご紹介

さっぱりおいしくて栄養価が高く、真っ赤な色が食欲を刺激してくれるトマトは、旬の夏こそ食べたい野菜。そんなトマトをふんだんに使った「フレッシュトマトソース」は、火を使わずに簡単に作れて、いろいろなメニューに活用できる優れもの。暑~い夏を元気に乗り切るために常備しておきたい、フレッシュトマトソースとアレンジおかずのレシピをご紹介しよう。

切って混ぜるだけ!「フレッシュトマトソース」の作り方

これ以上ないほど簡単な作り方ながら、いつものトマトがうまみたっぷりの極上ソースに大変身。サラダのドレッシング、肉や魚のソテー、オムレツ、パスタなど、好みの料理にアレンジしてモリモリいただこう。

[材料]作りやすい分量
トマト 5個
玉ねぎ 4分の1個
塩 小さじ2
オレガノ(乾燥) 小さじ1
粗びき黒こしょう 適量

[作り方]
トマトはへたを取って粗みじん切り、玉ねぎはみじん切りにする。ボウルにすべての材料を入れ、よくあえたら出来上がり。冷蔵で4~5日保存できる。

完成!「フレッシュトマトソース」を使ったアレンジ3品

完成したフレッシュトマトソースを使えば、アレンジ料理も簡単! 見た目から元気になりそうな、さっぱりレシピを作ってみよう。

1.トマト酸味が肉のうまみを引き立てる「冷しゃぶサラダ」

[材料(2人分)&作り方]調理時間5分
水菜(1株)は4cm長さに切り、貝割れ菜(適量)は根元を切り落とす。鍋に湯を沸かしてサラダ油少々を加え、豚しゃぶしゃぶ用肉(150g)を1枚ずつゆでてざるに上げる。器に水菜を敷いて豚肉をのせ、フレッシュトマトソース(大さじ3)をかけて貝割れ菜を散らす。

2.ビールのおつまみにぴったり「サルサ風ディップ」

[材料(2人分)&作り方]調理時間3分
ピーマン(2分の1個)はへたと種を除いてみじん切りにし、フレッシュトマトソース(100g)と混ぜる。器に盛り、コーンチップ(適量)を添えれば完成。一味唐辛子やタバスコをプラスするとピリッと大人の味に。揚げものや肉料理に添えたり、カルパッチョのソースに使ったりしても◎。

3.手早く作れる本格派「トマトの冷製カッペリーニ」

[[材料(2人分)&作り方]調理時間8分
鍋にたっぷりの湯を沸かし、袋の表示通りに塩を入れてカッペリーニ(100g)をゆで、湯をきって水で洗い、水気をきる。ボウルでカッペリーニとフレッシュトマトソース(100g)をあえ、塩、こしょう(ともに適量)で味を調える。器に盛り、イタリアンパセリ(適量)を飾る。

暑くてキッチンに立つのがおっくうな日にも、冷蔵庫にフレッシュトマトソースがあれば、さっぱりおいしいおかずがあっという間に出来上がる。しっかり食べて、夏バテ知らずのカラダを目指そう!


(エイパブ編集部・ヨシダ)

最終更新:7/29(金) 17:00

エイ出版社