ここから本文です

千葉真一の息子・真剣佑「仰天! ロスに5 歳の隠し子」

FRIDAY 7/29(金) 7:30配信

 その日も朝からドラマ『仰げば尊し』(TBS系)のロケが入っていた。真剣佑(マッケンユー)(19)が都内の自宅を出たのは早朝6時過ぎ。舞台『花より男子』や映画『ちはやふる』で人気急上昇中だが、芸能界ではまだまだ新人。基本的に電車移動である。

 白いダボダボシャツ、黒ぶちメガネにマスク――定番の変装スタイルだ。金色に染めた前髪をクリップで留めているのは、すぐ撮影に入れるようクセをつけているのだろう。

「これはヤバい」「震えるほどイケメン」「今世紀最大の男前」――ネットが騒ぎ、女性週刊誌が特集を組むほどの美貌もさることながら、真剣佑の最大の武器はそのスペックにある。

「ロサンゼルス出身で英語はペラペラ。人気ドラマの舞台となったビバリーヒルズハイスクールで学びつつ、極真空手のLA大会で優勝。他にもレスリング、水球、乗馬に殺陣、スキーにピアノの腕も一流ときて、父は世界のサニー千葉。『少女マンガの世界にしか存在しなかったはずの王子様が実在した』と女子が騒ぐのもムリはない」(制作会社スタッフ)

 アメリカだと僕のやれる役はコメディーばかり。ハリウッドの主役は味わいある大人が多い。若いうちは日本で作品を残したいなって――2年ほど前から活動拠点を日本に移した理由も、男前だ。

 だが、千葉家を良く知る関係者は、「眩いばかりのマッケンには、その分、暗くて深い闇がある」と指摘するのだった。

 ビバリーヒルズ高校を飛び級で卒業したと報道しているメディアがあったが、同高は途中で転校。8歳のころから通っていたという極真空手は茶帯だ。何より、ピュアなふりをしているが、実は大の女好きで「ロスに5歳の子どもがいる」と関係者は言うのである。

 マッケンがパパになった――関係者の間にこんな話が広まったのは2~3年前だと、この関係者は記憶している。

「子どもが生まれたのは、マッケンがまだ14歳のとき。自分の両親が友だちづき合いしていたロス在住の日本人夫婦の奥さんと深い仲になったっていうんだから、驚きを超えて絶句したよ。その女性、色白でキリリとした瞳が特徴的な和風美人のYさんは当時、30代半ば。現在は40歳くらいかな。もちろん、父の千葉も知っています。千葉さんは激怒し、『息子はレイプされた!』とYさんを訴えたそうです」

 事実、Yさんは’13年10月に「14歳以下の子どもと性的行為をした」として訴えられていた。だが――ロス郊外の裁判所での数回のヒアリングを経て、同年12月に訴えは棄却された。現地の知人たちの話を総合すると、法廷で真剣佑がYさんによるレイプを否定したことで、裁判は中止となったようだ。

 所属事務所を通じて父・千葉真一にコメントを求めたが、締め切りまでに回答はなかった。

「子どもは本当にかわいい」
 真剣佑はそう言っているという――。7月29日発売のフライデー最新号では、真剣佑への直撃取材時に撮影した写真も掲載している。また、WEBサイト「FRIDAYデジタル」では、直撃取材時の動画も公開している。

撮影 島颯太

最終更新:7/29(金) 7:30

FRIDAY

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。