ここから本文です

この夏、冷ややっこの新しい魅力発見!「エスニック風冷ややっこ」3品

OurAge 7/29(金) 12:42配信

コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットなどにもいいことで知られる豆腐。さらには、組み合わせる素材を選ばない柔軟さや、和・洋・中すべての料理に変身できる多様性など、豆腐はいいことづくめの素材だ。夏に欠かせない冷ややっこも、しょうゆ、しょうが、かつおぶしといった定番の味だけでなく、エスニック味も楽しんでみては? 豆腐の世界が広がるエスニック風冷ややっこを3種ご紹介しよう。

・甘酸っぱいソースにミントの香り。「タイ風冷ややっこ」
もめん豆腐1/2丁は軽く水きりをして2等分の角切りに。レタス1枚はひと口大にちぎって水気をきる。ミント適量は飾り用を少し残して、葉をせん切りに。スイートチリソース大さじ3/4とナンプラー大さじ1/2をよく混ぜてエスニックだれを作る。器にレタスを敷いて豆腐を盛りつけ、ミントの葉のせん切りと粗く刻んだピーナッツを散らし、エスニックだれをかけて、飾り用のミントをのせる。

・個性が混じり合ったエスニック味。「セロリと香菜のナンプラー風味やっこ」
絹ごし豆腐は軽く水きりをし、2等分する。セロリ2/3本は薄切りにし、塩少々でもんでおく。 アーモンドスライスは適量からいりしておく。ボウルにナンプラー、レモン汁各小さじ2、ごま油、ナツメグ各少々を入れて混ぜ合わせ、エスニックだれを作る。 器に豆腐を盛り、水気をきったセロリとアーモンド、香菜の葉先をのせ、たれをかける。

・甘酸っぱいたれのエスニック風。「きゅうりと玉ねぎのナンプラー風味やっこ」
絹ごし豆腐1丁は8等分の角切りにし、ペーパータオルの上に並べ軽く水をきる。きゅうり3/4本は縦半分に切って斜め薄切りに。玉ねぎ1/4個は薄切りにして水にさらし、水気をきり、きゅうりとともにボウルに入れる。別のボウルに酢大さじ1と1/2、きび砂糖大さじ1/4、レモン汁小さじ1、ナンプラー大さじ1を入れてよく混ぜ合わせ、野菜にかけて軽く混ぜる。器に豆腐を盛りつけ、その上に野菜を汁ごとかけて、小さくちぎった香菜と粗く刻んだピーナッツをのせる。

奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐。先人の知恵に感謝しつつ、この夏は現代風にエスニック味でおいしく食べよう!

最終更新:7/29(金) 12:42

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ