ここから本文です

旅好きが選ぶ行ってみたい花火大会ランキング、1位は8月8日開催のあの花火!

Suits-woman.jp 7/29(金) 17:30配信

夏ならではのイベントといえばやっぱり花火大会。暑くても、混んでいてもついつい見に行きたくなってしまいますよね。すでにいくつかの花火大会は開催されているようですが、本シーズンはコレから! というわけで、今年人気の花火大会をチェックしてみました。

今回は、株式会社エイチ・アイ・エスが、SNSの旅好きのファンの方々を対象に行なったアンケートでわかった、「今年行ってみたい花火大会」を発表。まずは11位~19位を一気にチェック!

11位 九州一花火大会(長崎県・ハウステンボス)

<日時>9/24(土)18:45~21:15
<打ち上げ数>約22,000発(予定)
「世界花火師競技大会決勝」と「尺玉品評会」の2部構成で開催される西日本最大級の花火エンターテインメント。

12位 なにわ淀川花火大会(大阪府)

<日時>8/6(土)19:40~0:40
<打ち上げ数>約20,000発(予定)
淀川と大阪の街を愛する地元ボランティアスタッフによる手作り花火大会。光と音の演出もあり見応え抜群。

12位 土浦全国花火競技大会(茨城県)

<日時>10/1(土)18:00~20:30(荒天延期)
<打ち上げ数>約20,000発(予定)
全国から花火師が集まる競技大会。連射連発のスターマインの部、10号玉の打ち上げの部、新しい技術を披露する創造花火の部の3部門で構成されている。

14位 長良川花火大会(岐阜県)

<日時>7/30(土)・8/6(土)(荒天・増水時順延)
<打ち上げ数>各約30,000発(例年打上数)
長良川河川敷で2週にわたり開催される花火大会。7/30(土)に開催されるのは「全国選抜長良川中日花火大会」。8/6(土)は「長良川全国花火大会」が開催される。

15位 神奈川新聞花火大会(神奈川県)

<日時>8/2(火)19:00~20:00(荒天順延)
<打ち上げ数>約15,000発(予定)
ランドマークタワー、観覧車、赤レンガなど横浜らしい夜景を背景に打ちあがる花火。約20万人の人出となる人気の大会。

16位 関門海峡花火大会(山口県)

<日時>8/13(土)※時間未発表(雨天決行・荒天中止)
<打ち上げ数>約15,000発(予定)
山口県下関市と福岡県北九州市門司区の「関門海峡」で実施される花火大会。観客も両岸で合計115万人と大人気。

17位 ふじさわ江の島花火大会(神奈川県)

<日時>10/15(土)(荒天時順延)
<打ち上げ数>約3,000発(予定)
秋の江ノ島の空を染める花火。45分間と開催時間は短いものの、全く引けを取らない迫力、華やかさが魅力。

17位 やつしろ全国花火競技大会(熊本県)

<日時>10/15(土)18:00~20:15(荒天時順延)
<打ち上げ数>約12,000発(予定)
西日本で唯一の全国花火競技大会で、30の有名花火師が各地から集まり技を競い合う。県外にもファンが多く人気。

19位 筑後川花火大会(福岡県)

<日時>8/5(金)19:40~21:10 (雨天順延)
<打ち上げ数>約18,000発(予定)
西日本最大級の花火大会。2か所から同時に打ち上げられる花火は合計で約18,000発で、見事な打上花火や仕掛け花火が夜空を彩る。

ここまでで、あなたがチェックしている花火大会は入っていましたか? いよいよトップ10を発表!

1/2ページ

最終更新:7/29(金) 17:30

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

なぜ今? 首相主導の働き方改革