ここから本文です

運動技能も睡眠により向上 ジュニア世代の成長・発達に重要な「眠活」前編

THE ANSWER 7/29(金) 13:36配信

睡眠の役割とは

 子どもたちが最も増やしたい時間を調べたところ(博報堂、2007)、10年前は「友達とすごすこと」が第1位でしたが、調査をした時点では「睡眠時間」がトップになりました。

 睡眠に問題がある子どもには、昼間に眠い、横になりたい、肩こりといった身体症状とともに、イライラする、物事に熱心になれないなど、集中力・記憶力の低下、感情抑制の困難等の症状がよくみられます。子どもたちの育ちのために押さえておきたい睡眠のポイントを紹介します。今回は睡眠の役割についてです。【解説・宮崎総一郎、中部大学生命健康科学研究所教授】

(1)大脳の大きな人間には、ほかの動物より長い眠りが必要

 そもそも睡眠とは何のためにあるのでしょうか。眠りは、ただ休んでいるだけの無為・無駄な時間のように考えられがちですが、そうではありません。眠りは、脳をよりよく活動させるために必要不可欠な「生理機能」なのです。脳には神経細胞が集まっていて、身体各所からの情報を集中的に処理し、信号を出して全身を制御しています。それと同時に、脳はとても繊細な臓器で、疲れやすく連続運転に弱いという面も持っています。コンピュータ-と同じで、ずっと使い続けると、温度が上がりすぎて働きが鈍ったり故障したりしてしまうのです。

 全身の司令塔である脳が故障すると、正常な精神活動はもちろん、身体動作や生命維持活動も危うくなります。そこで、脳、とりわけ大脳を休息させてクールダウンし、機能を修復・回復させなければなりません。その役割を担うのが睡眠なのです。忙しい生活を送っていると、「8時間も眠るのはもったいない」とつい考えてしまいがちです。しかし、ヒトは大脳で高度に知的な活動を展開しています。だからこそ、長時間の眠りが必要なのです。

プロゴルファーの石川遼も理想的な習慣があった!?

(2)睡眠中に脳が創られる

 赤ちゃんが眠っているときに、まぶたをパチパチしたり、にっこりと笑ったりすることがありますね。さらに手を伸ばしたり、ものを握ろうとしたりする様子もみられます。赤ちゃんは、生まれてすぐから、泣いて母親を呼んだり、哺乳したりすることが必要です。このような、動作ができるように、神経回路をつくるのが睡眠の役割と考えられています。

 生まれたばかりの人間は未熟です。新生児の脳は400グラムほどで成人の脳の1/4ほどですが、半年後には倍の重さになり、4~5歳で1200グラムと成人の脳の90%近くの大きさまでなります。ことわざに、「三つ子のたましい、百までも」というのがありますが、この新生児期から小児期の睡眠が脳の発育にとても重要であることが推測されます。

 睡眠には「脳を創り、育てる」機能があり、「子どもはよく眠る」というより「子どもはよく眠らなければならない」のです。

(3)睡眠は記憶向上に大切

 睡眠は記憶向上に重要であることが、近年明らかにされています。単語記憶と睡眠の関係を調べた研究があります。夜の10時15分から11時まで学習し、その後3時間の睡眠をとったグループと、睡眠をとらずそのまま3時間起きていたグループで比較すると、眠ったグループの方が、眠らないで起きていたグループに比べて、記憶率が良いことがわかりました。つまり、一夜漬けをするよりも、勉強を早めに終えて記憶定着のために睡眠時間を確保することが大切です。

 また、運動技能も睡眠により向上することがわかっています。プロゴルファーの石川遼選手は、子どもの頃から父親と一緒に夕方と早朝に練習していました。高校生の時には、朝5時起床、夜は8時に就寝していました。つまり夕方の練習後に十分な睡眠をとることは、ゴルフ技術を向上させる理想的な習慣であったといえます。

 睡眠の長さは学習成績にも関係しています。小学生の就寝時刻と学力偏差値のかかわりをみると、午後8時から9時までに就寝する子供たちの偏差値が最も高く、就寝時刻が遅くなるにつれて低下していました(山陽小野田市教育委員会調査、2006)。しかし、午後8時までに就寝している場合も偏差値が低かったのです。睡眠が短いのは良くないのですが、長すぎてもよくありません(体調が悪くて長く寝ていたのかもしれません)。

 しかし、睡眠時間は一律でなく、年齢や個人の体質に応じてその子どもにあった睡眠時間を知ることが大切です。朝自然に目覚め、疲れがなく、昼間に普通に活動できていれば睡眠は足りていると考えます。朝から眠気があったり、イライラしたり、疲れがある場合は睡眠が足りていないと考えます。

1/2ページ

最終更新:7/29(金) 13:36

THE ANSWER

Yahoo!ニュースからのお知らせ