ここから本文です

オバマ大統領が民主党大会スピーチで語った10の名言

ハーパーズ バザー・オンライン 7/29(金) 20:32配信

2016年7月27日(水)、バラク・オバマ大統領の歴史的演説が民主党大会3日目の閉幕を飾った。アメリカの偉大さについて、そしてヒラリー・クリントンがなぜ次期大統領にふさわしいかを熱弁し、彼の2008年の勝利演説に匹敵する素晴らしい発言を残した。ここで最も印象的なラインを振り返ろう。

オバマ一家が退任後に引っ越しする新居が公開

1. 「“アメリカの約束”に値札はついていない。私たちは責任を果たすからだ。それは今日、地球上のほとんどの国が8年前よりもアメリカをさらに強力な国と見なし、より敬意を払うようになった唯一の理由だ」
 
2. 「数多くの施策により、私たちの国はその創始よりもずっと強固に、さらに繁栄してきた。勝利や挫折を経験しながら、私は変化というものは決してたやすく、急速に実現できるものではないと主張してきた。私たちは一期の間に、また大統領任期中に、私たちのすべての問題を解決できたわけではない。もしかしたら一生においてもそれは不可能かもしれない」

3. 「アメリカはある一人の人間が全国民のためにすべてをやってくれるという国ではない。私たちみんなが一緒になって、厳しく、歩みの遅い、時々ストレスの溜まる、しかし究極に終わることのない自治をしてきたのだ」
 
4. 「今年のこの選挙で、みなさんに私の仲間になってくれることを願います。皮肉な考え方を拒絶し、恐怖を跳ね除け、私たちにとって一番いい選択をしよう。つまり、ヒラリー・クリントンをアメリカの次期大統領に選ぶのだ。そして、世界に私たちがまだこの偉大な国の約束を信じていることを示そう」

5. 「アメリカは“彼がやってくれるさ(yes he will)”という国ではない。“私たちがやる(yes we can)”という国なのだ」

6. 「アメリカはすでに偉大だ。アメリカはすでに強い。私たちの強さや素晴らしさは、ドナルド・トランプを頼りにしないと約束しよう。事実、どんな人にも依存するものではないのだ。そしてこのことは結局、私たちの民主主義の意味において、そしてこの選挙において、大きな違いを生むだろう」

1/2ページ

最終更新:7/29(金) 20:41

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事