ここから本文です

豆皿にぴったり! 小さなおつまみレシピ集

エイ出版社 7/29(金) 17:20配信

1つの食材で複数のバリエーション

「小さな豆皿には、どんなおつまみが合うんだろう?」。そんな問いに対して、フードスタイリストの遠藤文香さんが提案するのは、1つの食材で違うバリエーショ展開ができるレシピ。手間をかけずに何皿もつくることができるからだ。食材が傷みやすい今の時期には、無駄なく使えるのもありがたい。新じゃが・レシピ・砂肝・ナッツの4つの食材で、それぞれ2つずつレシピをご紹介しよう。

【1】 新じゃがのカリカリソテー
【材料】
新じゃがいも……5個
塩コショウ……適量
砂糖……小さじ1
パセリ……少々
オリーブオイル……大さじ1
【作り方】
1.新じゃがいもをレンジで加熱する。
2.オリーブオイルを入れてフライパンを熱し、1に塩コショウ・砂糖をふりかけて全面をカリッと焼く。
3.仕上げにパセリを散らす。

【2】 新じゃがと鯖缶の和え物
【材料】
【1】で作った新じゃがのカリカリソテー……作った1/2量分
鯖缶……1缶
おろし生姜……少々
【作り方】
1.鯖の缶詰をあけて、水気をよく切る。
2.新じゃがのカリカリソテーと1の鯖、おろし生姜を和える。

【3】 ちりめん山椒レタス
【材料】
レタス……1/4個
ちりめん山椒……10g
ごま油……小さじ1
【作り方】
1.レタスを沸騰したお湯でさっと茹で、氷水にとって水気を絞る。
2.1をちりめん山椒とごま油で和える。

【4】 レタスとカニカマのオイスター炒め
【材料】
レタス……1/4個
カニカマ……2本
オイスターソース……小さじ2
ごま油……小さじ1
【作り方】
1.ごま油を入れてフライパンを熱し、ざく切りしたレタス・割いたカニカマを加えて強火で炒める。
2.1にオイスターソースを入れて調味する。

【5】 砂肝の唐揚げ
【材料】
砂肝……150g
塩……適量
酒……大さじ1
小麦粉……適量
レモン……適量
【作り方】
1.砂肝にしっかり塩・酒を振りかけ、小麦粉を薄くまぶす。
2.多めの油で揚げ焼きにし、レモンを添える。

【6】 砂肝とザーサイの和え物
【材料】
【5】で作った砂肝の唐揚げ……作った1/2量
ザーサイ……20g
白髪ねぎ……5cm分
【作り方】
1.砂肝の唐揚げを薄切りにする。
2.1を刻んだザーサイ・白髪ねぎと和える。

【7】 ハニーナッツ
【材料】
ミックスナッツ……適量
はちみつ……適量
【作り方】
1.ミックスナッツをフライパンで10分程度乾煎りする。
2.1を瓶に詰めてはちみつをひたひたに注ぐ。

【8】 ゆで卵のハニーマスタードナッツがけ
【材料】
【7】で作ったハニーナッツ……みじん切り小さじ1分
ゆで卵……1個
粒マスタード……小さじ1
塩……適量
【作り方】
1.ハニーナッツを刻む。
2.1を粒マスタードと合わせ、塩を振ったゆで卵にかける。

◯遠藤文香(えんどう ふみか)
2008年エコールエミーズディプロマ取得後、スードスタイリストとして独立。数々の書籍や雑誌、広告でスタイリングを手掛ける。著書に、『毎日のうつわ』(日本文芸社)、『豆皿のある暮らし』(宝島社)などがある。

M

最終更新:7/29(金) 17:20

エイ出版社