ここから本文です

松居大悟監督作『アズミ・ハルコは行方不明』 主演の蒼井優が一切登場しない特報映像公開

リアルサウンド 7/29(金) 6:00配信

 12月に公開される蒼井優主演映画『アズミ・ハルコは行方不明』より、特報映像とメイン写真が公開された。

 本作は、「ここは退屈迎えにきて」の作家・山内マリコの同名小説を実写映画化したもの。ある日突然姿を消したOL安曇春子の失踪をきっかけに、寂れた国道沿いの街でふたつのいたずらが交差する模様を描く。

 メガホンを取ったのは、『私たちのハァハァ』の松居大悟監督。行方不明の主人公・安曇春子役を蒼井優が演じるほか、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、菊池亜希子、落合モトキ、加瀬亮らが出演する。

 このたび公開された特報映像には、蒼井演じる行方不明の主人公・安曇春子は一切登場しない。高畑、太賀、葉山の3人が演じる若者たちが、ロンドンの覆面芸術家バンクシーを真似て、安曇春子の捜索願いポスターをモチーフにしたグラフィティアートを街中に拡散する様子と、無差別に男をボコる謎の女子高生集団の姿が収められている。

 本編中では高畑たちが拡散するグラフィティアートを待ち受けにすると幸せになるという都市伝説が流れ、広まっていく様も描かれている。この幸せになるグラフィティアート(ピンクのみ)の携帯サイズステッカーが、本作の前売り特典となっている。一方のメイン写真には、女の顔などのグラフィティアートが施されたブロック塀を背景に、睨みをきかせる蒼井と高畑の姿が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 6:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。