ここから本文です

リベリ、前指揮官を口撃「ペップは話し過ぎ。サッカーとはシンプルなもの」

フットボールチャンネル 7/29(金) 8:00配信

 バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリは同チームの前指揮官ジョセップ・グアルディオラ監督を「話すぎる」と口撃している。27日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現代サッカー界屈指の名将とされるグアルディオラ監督も、リベリにはそうは映らなかったようだ。リベリは「彼は指導者としては若く、経験が欠けている」と述べる。

 そして、ロッカールームに持ち込まれるグアルディオラのサッカー哲学について「彼は時にしゃべり過ぎだ。サッカーとはとてもシンプルなものなのだ」と続ける。

 さらに、昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝でアトレティコ・マドリーに屈したことについて、「トマス・ミュラーをスタメンで起用せず、ケガから回復したジェローム・ボアテングをスタンド観戦させるというミスを犯している」と批判は選手起用にも及ぶ。

 3シーズンのグアルディオラ体制を終えた今、「自由を感じ、モチベーションに満ちている」というリベリ。彼にとっては、ケガも重なり、思うようにプレーできなかった3シーズンでもあった。心機一転、気持ちも新たにトップフォームのリベリが帰ってくるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。