ここから本文です

セスク、将来的なアメリカでのプレー願望を明かす

フットボールチャンネル 7/29(金) 8:30配信

 チェルシーのMFセスク・ファブレガスは将来的にアメリカでプレーする願望を持っていることを打ち明けた。28日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現在、アメリカでプレシーズンを送っているチェルシーとセスク。29歳のMFは、「アメリカでプレーすることに興味がある」とかつてのチームメイト、ダビド・ビジャらもいる米国に関心を示す。

 そして、現在のコンディションについて「我々はハードにトレーニングしており、少し疲れた状態にある。もっといい状態にしないといけないのは皆分かっている」と述べ、「個人的には非常にいい感じだ。フィジカル的にも充実している」と語る。

 アントニオ・コンテ監督を迎えた今シーズンについては「監督は戦術の面で変更を講じているし、それはシーズン中に明らかになるだろう」とコメントする。中盤で重要な役割を担うセスクは「監督は非常に激しさを求めてくる、特に中盤でだ。そして、皆が一体となるよう求めている」と続ける。

 昨シーズンは、チェルシーで、スペイン代表で消化不良の結果に終わり、今季に賭けるセスクの思いは強い。「もちろん主役の座に戻りたいし、その為に戦う。監督はじめ、様々なことが変化したのだ」と新たな気持ちで新シーズンに立ち向かう。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 9:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。